3歳男児殴りけがさせた疑い 中学校教員を逮捕

3歳男児殴りけがさせた疑い 中学校教員を逮捕

霧島市で、同居する3歳の男の子の顔を殴るなどし、けがをさせた疑いで公立中学校の教員の男が逮捕されました。
傷害の疑いで逮捕されたのは、霧島市国分中央1丁目の公立中学校教員・野路博樹容疑者(48)です。

霧島警察署によりますと、野路容疑者は、先月30日の夜、自宅で、同居する3歳の男の子の顔を殴るなどし、顔面打撲のけがをさせた疑いが持たれています。
10日、野路容疑者の自宅を訪ねた霧島市の職員が男の子の顔のあざに気付いて発覚し、現在、男の子は児童相談所で保護されているということです。取り調べに対し野路容疑者は「間違いありません」と供述し、容疑を認めているということです。

警察は、野路容疑者が日常的に男の子に暴行していた疑いもあるとみて、調べています。また、県の教育委員会では、事実関係を確認して今後の対応を決めていくことにしています。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

南日本放送の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

鹿児島 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索