今月26日に鹿児島県霧島市で開催される県地区対抗女子駅伝競走大会を前に、16日コースの点検が行われました。

県地区対抗女子駅伝は県内12地区の女性ランナーたちが霧島市の隼人運動場をスタートし、国分下井で折り返す6区間、21.0975キロのコースで競われます。今月26日の本番を前に16日は大会をサポートする姶良地区陸上競技協会の役員らがコースを点検し、道路上にある中継所や折り返し地点の印をペンキで書き直しました。

大会は今月26日午前10時スタートで、コース付近では交通規制が行われます。大会の模様は午前9時54分からMBCテレビとラジオで生放送するとともに、午前8時ごろからは会場の様子などをインターネットで動画配信します。