きょう2月11日は「建国記念の日」です。戦前は、神武天皇が即位したといわれる日「紀元節」とされていましたが、1967年に現在の国民の祝日となりました。霧島市ではこの日を祝うイベントが、鹿児島市では「紀元節」復活を反対する集会が開かれました。

霧島市霧島田口の霧島神宮では、「建国記念の日」を祝う揮毫イベントがありました。開催したのは書家らで作る平和活動団体で、11日は、霧島神宮や京都の平安神宮など全国10の神宮で一斉に行われました。
鹿児島市の書家の松田貴志さんが、天皇陛下が即位の際に繰り返し述べられた「世界平和」という文字を鮮やかに揮毫しました。

一方、鹿児島市では、県護憲平和フォーラムが主催する「『紀元節』復活に反対し、思想・信教の自由を守る県民集会」が開かれました。
集会では、志學館大学の茶谷誠一准教授が講演し、「『建国記念の日』の祝日化は、国が天皇の権威や伝統を政治利用する側面がある」と指摘しました。

茶谷准教授は、「日本の中に根深く残っている、天皇を崇め奉るような保守的な人たちのバックアップというものも無視できない中で、戦後、左右してきた(政治利用の)側面。そこはやはり、我々としては押さえておく必要がある。」と、このように述べ、主権者である国民が象徴天皇制の在り方を考える時期に来ていると訴えました。