薩摩、大隅地方と種子島・屋久島地方では、29日夜遅くから30日にかけて大雨のおそれがあり、多いところで1時間に70ミリの非常に激しい雨が予想されています。土砂災害や川の増水などに警戒が必要です。

梅雨前線は、29日夜にかけ対馬海峡付近まで北上したあと、30日に再び九州南部付近まで南下する見込みです。薩摩、大隅地方と種子島・屋久島地方では29日夜遅くから30日にかけて、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。

30日夕方までに予想される1時間雨量は、薩摩地方で70ミリ、大隅地方と種子島・屋久島地方で50ミリです。30日午後6時までの24時間に予想される雨量は、薩摩、大隅地方と種子島・屋久島地方でいずれも200ミリです。

これまでの大雨で、地盤がゆるんでいるところがあります。気象台は土砂災害と低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風に注意を呼びかけています。