鹿児島県奄美大島では宇検村などで1日午前、時間雨量80ミリを超える猛烈な雨を観測しています。夕方にかけて土砂災害に厳重な警戒が必要です。

奄美地方に停滞している前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になっています。奄美大島などでは1日昼すぎにかけて、局地的に雷を伴い猛烈な雨が降るおそれがあります。
これまでに1時間に宇検村で84ミリの、大和村で83ミリの猛烈な雨を観測したほか、奄美市で70ミリの非常に激しい雨を観測しています。現在、大雨の警戒レベルで上から2番目の4にあたる土砂災害警戒情報が奄美市と龍郷町、大和村に出されています。

また大雨洪水警報が、奄美地方北部の大半に出されています。2日午前9時までに予想される24時間雨量は奄美地方北部で200ミリ、奄美地方南部では150ミリです。気象台は土砂災害に厳重な警戒を呼びかけるとともに、低い土地の浸水や河川の増水、氾濫に警戒を呼びかけています。