奄美大島では宇検村などで1日午前、時間雨量80ミリを超える猛烈な雨を観測しました。その後、雨は弱まっていますが夕方にかけて引き続き土砂災害に警戒が必要です。

奄美地方に停滞している前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になっています。1日午前、1時間に宇検村で84ミリの、大和村で83ミリの猛烈な雨を奄美市で70ミリの非常に激しい雨を観測しました。

その後、雨は弱まり、土砂災害警戒情報はすべて解除されましたが大雨警報が奄美市と宇検村で継続しています。これまでの大雨で地盤が緩んでいるところもあり、気象台は夕方まで土砂災害に警戒を呼びかけています。