鹿児島県内12例目となる新型コロナウイルスの感染が確認された鹿児島市の40代の女性は、これまでに判明しているだけで、親族ら10人と接触していたことが分かりました。

これは鹿児島市が1日夜開いている会見の中で明らかになったものです。女性は先月27日に症状が出て症状が続いていることから、1日、医療機関でPCR検査を受けて陽性が判明しましたが、市のこれまでの聞き取りで、接触者は親族や知人など10人が判明したということです。

市は、10人のうち一部は濃厚接触者の可能性もあるとしていて、今後、さらに接触者や行動歴について調査し、必要があればPCR検査も行っていくとしています。市はなお、先月12日に県内11例目の感染が確認された鹿児島市の男性とは無関係としています。