京都府笠置町のまちづくり事業に絡み、国の補助金約800万円を不正に受給したとして、京都府職員の男らが13日に書類送検されました。

 補助金適正化法違反の疑いで書類送検されたのは、京都府自治振興課(当時)の男性職員(59)、笠置町企画観光課(当時)の男性職員(49)、笠置町のまちづくり団体代表(52)の男です。3人は共謀の上、総務省が2016年度に実施した補助金の申請をめぐり、実際の事業費は約1100万円だったにもかかわらず、1900万円に水増しした虚偽の請求書を提出して、まちづくり団体が関係する銀行口座に振り込ませた疑いがもたれています。

 警察は職員らが約800万円をプールしていた可能性があるとみていますが、私的な流用は確認されていないということです。