阪神タイガースの藤浪晋太郎投手が新型コロナウイルスに感染していたことが確認されましたが、同じチームの選手2人についても陽性反応が出たことが関係者への取材で新たにわかりました。

 阪神タイガースの藤浪晋太郎投手(25)はPCR検査を受け、新型コロナウイルスの陽性反応が出ていたことが、3月26日に分かりました。関係者によりますと、同じチームの30代と20代の選手、合わせて2人も陽性反応が出たということです。藤浪投手ら3人はともに食事をするなど濃厚接触をしていたということです。

 甲子園や鳴尾浜球場では入念な消毒作業が行われ、27日現在、チーム関係者は1週間程度の自宅待機になっています。

 藤浪投手に発熱や咳などの症状は見られていないということですが、数日前から「匂いを感じない」と嗅覚異常を訴えていたことから医師の判断でPCR検査を受けていました。