知人男性に暴行を加え福井県の東尋坊の崖から飛び降りさせたとして殺人などの罪に問われている少年2人の裁判員裁判で、大津地裁は懲役10年以上15年以下の不定期刑などを言い渡しました。

 起訴状によりますと、少年2人(当時19)は去年10月、滋賀県長浜市の上田徳人被告(40)とほかの少年ら(当時17〜19)と7人で共謀し、知人の嶋田友輝さん(当時20)をバットで殴るなど激しい暴行を加えて車のトランクに監禁した後、「お前は死ぬんや 死ぬ道しかない」などと言って東尋坊の崖から飛び降りさせた監禁や殺人などの罪に問われています。

 6月26日、大津地裁は「人を人とも思わぬ悪質で残虐な犯行。理由もなく暴行し発覚を防ごうと殺害した動機は身勝手極まりない」として、少年1人に求刑通りの懲役10年から15年、もう1人に懲役5年から10年の不定期刑とする有罪判決を言い渡しました。