去年7月、京都アニメーションで起きた放火殺人事件で、京都労働局は死亡した社員らの労災を認定し、補償の支給が始まりました。

 去年7月、京都市伏見区の京都アニメーション第1スタジオで起きた放火殺人事件では、社員36人が死亡し、33人が重軽傷を負いました。遺族などによりますと、死亡した社員らの労災が認定され、一部で補償の支給が始まったということです。

 被害を受けた社員はスタジオでの業務中に事件に巻き込まれていて、遺族側は事件後に京都アニメーションを通じて労災の申請をしていました。京都労働局は認定件数や理由を明らかにしていません。