去年5月、滋賀県大津市で保育園児ら16人が死傷した事故の裁判で、検察側が1月16日の判決を前に、弁論の再開を申し立てることがわかりました。

 起訴状によりますと、新立文子被告(53)は去年5月、滋賀県大津市の交差点で右折した際に直進車と衝突し、園児2人が死亡、14人が重軽傷を負う事故を起こしたとして、過失運転致死傷などの罪に問われています。

 新立被告は裁判が結審した後に、民放のインタビューで「直進車がブレーキを踏んでいたら違う結果になっていたのではないか」などと話し、MBSの取材にも同様の趣旨の話をしています。被害者の弁護士などによりますと、検察側は新立被告が法廷とは異なる主張を展開しているとして、16日午後の判決を前に弁論を再開するよう申し立てるということです。

 裁判所が弁論再開を認めれば被害者の家族らの意見陳述などが行われ、その後、判決が言い渡されるとみられます。