去年5月、滋賀県大津市で保育園児ら16人が死傷した事故の裁判。1月16日は、過失運転致死傷などの罪に問われている53歳の女に判決が言い渡されるはずでしたが、法廷は混乱し、判決が延期される異例の展開となりました。

 16日午後、大津地裁に向かう新立文子被告(53)は記者らの問いかけに…
 
 Q判決ですけど今のお気持ちは?
 「…」

 新立被告は去年5月、滋賀県大津市の交差点で、車で右折した際に直進車と衝突し、園児2人が死亡、14人に重軽傷を負わせる事故を起こした罪などに問われていました。これまでの裁判で、起訴内容を認め「事故と向き合い、反省している」と謝罪していた新立被告。

 しかし、裁判が結審した後、テレビのインタビューで「直進車がブレーキを踏んでいたら違う結果になっていたのではないか」などと話し、MBSの取材にも同様の話をしました。これを受け、検察側は新立被告が法廷とは異なる主張を展開しているとして、弁論を再開するよう申し立てました。

 そして、改めて行われた16日の被告人質問で、新立被告は「納得がいかないところがあった。自分の気持ちを言いたかった」と述べました。これに対し、被害者の遺族らは…

 【遺族らの意見陳述】
 「被害者の気持ちを踏みにじる行動や言動は絶対許せない。」
 「好き勝手話す姿を見て怒りを通り越した。最大限の実刑判決を下してほしい。」

 一方、新立被告は法廷で事故について直進車の過失を主張。出会い系サイトで知り合った男性にストーカーしたとされる別の罪についても起訴内容を争う姿勢に転じました。

 検察側は16日の法廷で言い分を話すよう主張しましたが、「体調が悪く声が出なかったりとか頭が働かない」などと拒否しました。結局、大津地裁は「不本意だが審理を続行せざるを得ない」として、判決の言い渡しを延期しました。午後3時ごろ、大津地裁から出てきた新立被告は記者らの問いかけに…

 「体調が悪いのですみません。」(新立文子被告)

 次の期日などは決まっていません。

 16日の裁判について、被害者の代理人弁護士は被害者の家族らのコメントを紹介しました。

 【被害者の家族らのコメント】
 「うそばかりで、あきれかえって言葉が出ない。どれだけ加害者に振り回されるのかと思うと腹立たしい。被害者の心情をあまりにも無視している。絶対に許せない」