最先端技術で暮らしやすい都市を目指す「スマートシティ」の実現に向け、大阪の万博記念公園をひとつの町に見立てた実証実験が行われています。

 大阪府吹田市の万博記念公園では2月13日から、スマートフォンのアプリで電動カートを呼び出す実証実験などが行われています。実証実験は大阪府と大阪市が関西電力などと共同で実施しているもので、最先端の技術を活用して暮らしやすい都市を目指す「スマートシティ」の実現に向け、万博記念公園をひとつの町に見立てています。

 「専用のアプリで目的地を入力すると、将来的にはカートが自動的にやってきて、目的地まで送り届けてくれます。」(記者リポート)

 カートは環境に配慮して太陽光発電が活用されています。駐車場にとめれば、ワイヤレスで自動的に充電が始まる仕組みで、将来的には自動運転を目指しています。

 「自分たちの利便性を高められる身近なサービスが手前まできているというのは実感できるのかなと思います。」(関西電力担当者)

 ほかにも、スマートフォンから子どもや高齢者の位置情報を把握して防犯につなげる実験も行われました。