京都市と向日市の境目で問題となっていた「救護施設建設計画」。運営予定だった民間事業者が計画を断念することが分かりました。京都市は新たな事業者を探す方針です。

 問題になっていたのは京都市が建設計画を立てていた救護施設です。救護施設は今、京都市下京区にある様々な障がいや疾病を抱えた人達の自立を支援する施設「中央保護所」の老朽化に伴って、新たに建設される予定でした。

 しかし、その“建設予定地が京都市と向日市の境目”にあり、向日市民から戸惑いの声が上がっていました。

 【2019年2月放送時のインタビュー】
 「突然すぎて、そんな話を全く聞いていない中で、どんどん事実を知れば知るほど『えっ大丈夫なん』みたいな。」(近隣住民)
 「京都市ですけれども、一歩こっちに来たら向日市なわけで、やっぱり京都市だけで決めないで、向日市にも最初に声かけて欲しかったな。」(近隣住民)

 その後も理解は得られておらず、工事は止まったままでした。そのため資金計画に支障が生じ、事業を断念したいと民間事業者が伝えてきたのです。

 「(救護施設そのものは)必要だと考えておりますので、今後の対応については早急に検討していきたい。」(京都市生活福祉部 出口一行部長)

 京都市は新たな事業者を探したいとしています。