大阪では、新型コロナウイルスの感染拡大が続いていて、松井市長は『シートを使った花見』の自粛を呼びかけました。

 3月25日、東京都ではこれまでで最も多い1日で41人の感染が確認されました。感染者数が急増していることから、3月28日・29日の不要不急の外出を控えるよう都民に要請しました。

 一方、3月20〜22日の3連休から「兵庫−大阪間の往来自粛要請」など対策が取られた近畿でも、25日には12人、26日に1人の感染が確認されていて、この内8人が感染経路不明となっています。

 【3月25日に判明した新たな感染者】
 ▼大阪7人▼京都4人▼兵庫1人、
 【3月26日に判明した新たな感染者】(午後4時時点)
 ▼滋賀1人

 この状況を受けて、大阪市の松井市長は3月26日、感染拡大を防ぐために『シートを使った花見の自粛』を呼びかけました。

 「一定の距離をとって飛沫を飛ばさない形であれば花見は大丈夫じゃないのというご意見もありましたが、小さなグループが密集すると、結局、大規模な花見になる。できる限りのリスクを抑えていく必要があるのではないか。」(大阪市 松井一郎市長)