6月26日午後5時すぎ、大阪府高槻市でクレーン車倒れて住宅を直撃する事故があり、住宅にいた1歳の女の子が軽傷です。

 26日午後5時すぎ、高槻市南松原町で、葬儀場の解体のため地中の杭を抜く作業をしていたクレーン車がバランスを崩して倒れて住宅を直撃し、住宅からは一時火が出ました。警察によりますと、当時、住宅の1階には1歳の女の子と母親(29)の2人がいて、このうち女の子が腕に軽いけがをしました。事故の影響で周辺の約600軒が一時停電するなど騒然としました。

 「ドンと音が鳴って、そこから一瞬停電して、揺れたので。」(近隣住民)
 「新築で、引っ越しされて来たばかりなんです。」(近隣住民)

 現場の安全管理の責任者は、作業環境や設備に問題がなかったので作業員の操作に問題があったのではないかと話していて、警察は業務上過失傷害の疑いも視野に調べています。