京都のお盆の伝統行事「五山の送り火」について、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、今年は規模を大幅に縮小して実施されることになりました。

 「五山の送り火」は、お盆に帰ってきた先祖の霊を送り出す伝統行事で、毎年8月16日の夜に行われています。京都市を囲む5つの山々に「大」や「妙法」などの文字や形が炎で描かれ、毎年多くの観光客が集まりますが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、点火する箇所を大幅に減らし、文字や形を描くのをやめることで観光客や市民の密集を避けるということです。

 「今年だけは自粛してもらいたいと。来年はちゃんと元に戻します。」(京都五山送り火連合会 長谷川英文会長)

 五山そろって規模を縮小するのは、京都市が把握する限り初めてだということです。