7月1日からのレジ袋有料化に向け、京都では京都府と京都市の職員が消費者にエコバッグの持参などを呼びかけました。

 京都市内のスーパーマーケットでは、レジ袋の有料化を利用客に周知させようと府と市の職員が合同で呼びかけを行いました。チラシとともに配られたのは、「エコふろしき」や「エコバッグ」です。京都府はこれを機に、使い捨てプラスチックに頼らない生活を広めたいとしています。

 「(エコバッグ)持ち歩いてます。」(スーパーの来店客)
 「使い捨て製品ではないライフスタイルを獲得していただきたい。」(京都府循環型社会推進課 保本祐課長補佐)

 京都府では、府内の市町村が実施するレジ袋削減運動の経費を一部補助するなどの支援を行っているほか、今後は「3密」を避けるなどの新型コロナウイルス感染対策を施した上でセミナーの開催なども予定しています。