木村佳乃は“女性のお手本”2冠達成の重圧語る

木村佳乃は“女性のお手本”2冠達成の重圧語る

【木村佳乃・蜷川実花/モデルプレス=5月20日】女優の木村佳乃が20日、都内で行われた「第3回 Women of Excellence Awards」授賞式&トークショーに、写真家の蜷川実花氏とともに出席した。

同賞は、働く女性のロールモデルとなるようなリーダー、あるいは卓越したスペシャリストの女性を表彰するアワードとして2015年に創設。

今回、スペシャリスト部門で同賞を受賞した木村は「お仕事をしながら家庭や子どもも持っているので、大変なこともありますけど、自分が好きでやっているので、それに対して素晴らしい賞をいただけるというのは光栄ですし、励みになります」と受賞を喜び、「時計が昔から大好きなので嬉しいです」と副賞の時計を見つめて声を弾ませた。

◆木村佳乃が2冠

そんな木村は、『ベストマザー賞2017』も授賞しており「今プレッシャーを感じ始めて、この盾(トロフィー)の重さを感じているところです。下手なことはできませんね。しっかり生きたいと思います」と2冠達成に気を引き締めてコメント。

次に狙う賞を問われると「歳を取ってくると、1年がとんどん早くなってきて、最近それをすごく感じるので、とにかく体調に気を付けて『健康賞』か何かを!」とコメントして報道陣を沸かせた。

◆蜷川実花の初監督作品に出演

また、ビジネス部門を授賞した蜷川の初監督映画「さくらん」(2007年公開)に出演していた木村は、当時のことを聞かれると「すごく楽しかったです。セットから衣装から、普通の監督では思いつかない世界観で、すべてが刺激的で、また女性の監督ってとっても少ないので、女性に演出を付けていただけるのは嬉しいですね」と回顧。

蜷川も「現場ですごく助けていただいた記憶があって、もちろん(演技が)お上手だし、現場の空気を引っ張って行ってくれて、初めての作品だったので本当にお世話になって、元々大好きな女優さんだったけど、さらにその女っぷりというか男っぷりにファンになりました」と振り返った。

◆仕事とプライベートのバランス

イベントでは、一般の方からの寄せられたアンケートをもとに、仕事とプライベートのバランスについて質問されると、「撮影に入っているときと、入っていないときの忙しさの差がすごい」という木村。

「今は(連続テレビ小説)『ひよっこ』の撮影で、ヒロインの(有村架純演じる)みね子が東京に行ってトランジスタ工場で働いているんですけど、そのとき撮影は少なかったりするので、そういう部分で忙しかったときの穴埋めをして、幼稚園の送り迎えをしたり、休みの日は遊園地に行ったり、公園に行ったりしています」と打ち明けた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

モデルプレスの他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

05時06分更新

社会のニュースをもっと見る

03時02分更新

経済のニュースをもっと見る

05時40分更新

政治のニュースをもっと見る

03時01分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

06時06分更新

エンタメのニュースをもっと見る

05時30分更新

スポーツのニュースをもっと見る

06時00分更新

トレンドのニュースをもっと見る

21時48分更新

仕事術のニュースをもっと見る

22時19分更新

生活術のニュースをもっと見る

10時04分更新

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索