永野芽郁、来春朝ドラで再び“すずめ”に 王道ヒロインから“失敗だらけ”のヒロインへ

永野芽郁、来春朝ドラで再び“すずめ”に 王道ヒロインから“失敗だらけ”のヒロインへ

【永野芽郁/モデルプレス=6月20日】女優の永野芽郁が、平成30年度前期連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロインに抜擢された。本作で演じるのは、病気で片耳を失聴してしまったが、失敗を恐れず明るく生き抜くヒロイン・楡野鈴愛(にれの・すずめ)。映画初主演作となった今年3月公開の映画『ひるなかの流星』で演じたヒロイン・与謝野すずめに続き、再び“すずめ”役を演じる。

◆「ひるなか」すずめは“王道ヒロイン”

映画『ひるなかの流星』の“すずめ”は、田舎から上京したばかりでまだ恋を知らない高校生。

すずめが初めて恋に落ちる、一見チャラそうな担任教師・獅子尾五月役を三浦翔平、獅子尾に対するすずめの想いを知りながらも、徐々に彼女に惹かれていく“女子が大の苦手”なクラスメイト・馬村大輝役を白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)が演じ、永野は2人の間で揺れるすずめとして“王道ヒロイン”を好演。キス、バックハグ、床ドン…と胸キュンシーンも満載で、女子中高生を中心に支持を集め、ヒット作となった。

◆バイタリティ溢れる“失敗だらけ”のヒロイン

一方、連続テレビ小説として98作目となる「半分、青い。」の“鈴愛”は失敗だらけの人生。高校卒業後、上京して少女漫画家を志すも挫折。その後、結婚し娘を授かるも離縁され、シングルマザーとなって帰郷する。

そんな波乱万丈な人生も、「やってまった(=「やってしまった」)」と明るくやり過ごす鈴愛に、永野自身、親近感を抱いているそうで、20日に東京・渋谷のNHKで行われた会見では「私も『七転び八起き』という目標を中学生の頃からずっと持ってきたので、自分にぴったりだなと思っていました。明るいことに対しての自信があったので、素のままで自由に演じられるのは鈴愛しかいないのかもしれない」と語っていた。

今年、主演作を含め5本の映画が公開されるなど、勢いに乗る永野。勝田夏子チーフプロデューサーは、彼女の起用の決め手について、作品ごとに変わる多彩さを一つに挙げており、「みずみずしい大らかさ、えも言われぬ愛嬌と胆力、そして北川脚本にマッチした自由な演技テンポ、どれもスズメにぴったり。それでいて、時折ハッとするほど大人びた顔を見せ、俳優としての感と瞬発力に恵まれています。そんな彼女が、一人の女性の数十年をどう演じていってくれるのか…底知れない可能性を感じて、今からワクワクしています」と期待を寄せている。

王道ヒロインとはまた違う、挫折を繰り返しながら力強く生きる主人公・楡野鈴愛。永野が演じる新たな“すずめ”に注目だ。

放送は2018年4月2日から9月29日の全156回を予定。今年秋に岐阜でクランクインする。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事

おすすめ情報

モデルプレスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索