倖田來未、“MC禁止”の過去 5年間の下積み時代を明かす

倖田來未、“MC禁止”の過去 5年間の下積み時代を明かす

【倖田來未/モデルプレス=8月6日】アーティストの倖田來未が6日放送の「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ系、毎週日曜あさ9時55分)に出演。デビュー当時や下積み時代のエピソードを明かした。

小学生時代から歌手を目指しオーディションを受けていた倖田。そして16歳の時、現在の所属事務所avex(エイベックス)のオーディションで12万人の中から準グランプリを獲得。1年間のレッスンのあと、デビューを果たした。しかし当時、洋楽を知らなかったという倖田は勉強のためアメリカへ武者修行。「エイベックスに入ったら売れると思っていましたから。私も絶対にスターになれると思ってたら全然(売れなかった)」と振り返った。

◆MC禁止の過去 意外なエピソード明かす

さらにデビュー後すぐに、事務所の一大イベント・a-nationのオープニングアクトとして初出演した倖田は「そうそうたるアーティストさんのライブを観てすごいな、ここに私はいるんだな。私もこういう風になりたいって思ってステージに上がったんです。そこで『盛り上がってんの〜?』って言った瞬間に(会場が)シーンって(笑)。それで、ステージから帰ってきたら(スタッフに)『まずMCはNG』って言われてしまって、19歳からライブではMCを喋ってはいけないというルールが出来まして、2006年くらいまでは『倖田來未です。次の曲聞いて下さい』しか言えなかった」と回顧。今では倖田のライブの大きな魅力の1つとして楽しまれているトークの意外な過去を明かした。

◆5年の下積み時代経験を回顧

また倖田は5年間の下積み時代を経験。「お客さんが3人の時もあったし、ビールの空ケースをひっくり返したステージの上で歌ったこともある。だから私本当に、この世界向いているのかな?と思うこともいっぱいあった」と当時の苦労を思い返し「こんなに人に聞いてもらうって大変なことなんだ。デビューがゴールではなんだって痛感してそこからものすごい努力をするようになりましたね」としみじみ語った。

ほか番組では、自宅での料理風景や育児の様子、ツアー密着などを特集した。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

関連記事

おすすめ情報

モデルプレスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索