山田裕貴、“若手俳優らしからぬ生放送”で自らの職業を確認「僕って俳優ですよね?」

山田裕貴、“若手俳優らしからぬ生放送”で自らの職業を確認「僕って俳優ですよね?」

【山田裕貴/モデルプレス=11月22日】俳優の山田裕貴(27)が22日放送の日本テレビ系「PON!」(月〜木、10時25分〜)に生出演。“若手俳優らしからぬ”サービス精神で盛り上げ、レギュラー陣のますだおかだ・岡田圭右と永野の2人が山田を“取り合う”という異例の展開となった。

登場早々、岡田の持ちギャグである「ギュー!」を“本家超え”の勢いで披露し、岡田本人から「本家より切れ味ある。上回らないで」と注意を受けた山田。番組では、今年だけで12作もの映画が公開された山田の魅力を特集。山田は「HiGH&LOW」シリーズで演じた村山良樹役を「自分の化身」と紹介し、「お芝居をしない、役を生きる」という役者としての情熱的な姿勢、そして作品ごとに全く違う顔を見せる“スーパーカメレオン俳優”を目指していると語った。

◆“感謝の舞”が地上波進出

一方で、そんな山田の明るく親しみやすい素顔として、Instagramの投稿から“感謝の動画”を紹介。動画はフォロワーが増えたことへの感謝を示すべく“感謝の舞”を踊るというもので、その“底抜けに明るい”踊りについて山田は「どれだけ変であろうが笑ってくれればそれでいい」と照れながら解説。

ここで岡田から「PON!への感謝の舞を」と突然の無茶振りがあると、山田は即座に立ち上がり「ぽん!ぽん!ぽん!」と叫びながら即興の“感謝の舞”を披露。小嶋陽菜の「ちょっと笑えなかったです…」との冷静なツッコミで爆笑が起きる中、果敢に攻めていく姿勢の山田に「ほんと好きになった」(永野)、「完全に山田と岡田、周波数一緒!」(岡田)と芸人勢からの絶賛が相次いだ。

さらに映画『デメキン』(12月2日公開)で共演した健太郎からの「(山田は)永野さんみたいなギャグをすごいやってくれる。スタジオでも何かやってくださる」というVTRメッセージを受けて全力のギャグを披露するなど、スタジオを沸かせ続けた山田が思わず「僕って俳優ですよね?」とつぶやいたところでコーナーは終了。視聴者からは「山田裕貴くんってこんな人なのか」「山田裕貴推せる」「感謝の舞、地上波進出ww」「ノリ良すぎて笑う」「やりきったな」「芸人やってもてっぺん取れるのでは?(笑)」などの声が寄せられていた。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

関連記事

おすすめ情報

モデルプレスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索