中山美穂、音楽活動本格再開 ソロコンサート開催&20年ぶり新曲発表

中山美穂、音楽活動本格再開 ソロコンサート開催&20年ぶり新曲発表

【中山美穂/モデルプレス=6月21日】女優の中山美穂が、デビューから35周年を迎え、音楽活動を本格的に再開させることがわかった。

◆中山美穂、音楽活動本格再開

1985年のデビュー以降39枚のシングルと21枚のオリジナルアルバムをリリース。中山ワンマンでの最後のライブは、1999年10月30日、六本木Sweet Baisil。

2015年、年末特番に出演した際には番組内最高視聴率を叩き出すなど、音楽活動への期待が高く、また今年3月16日に愛知県・名古屋 CLUB QUATTOROで行われた浜崎貴司(FLYING KIDS)の弾き語り対バンツアー「GACHI HAL TOUR 2019」にゲスト出演をした際にも、ライブパフォーマンスに対して、満員の会場から割れんばかりの拍手とともに、感極まった来場者の涙する姿が多く見られた。

この様子に感銘を受けた音楽制作スタッフが35周年イヤーに中山美穂の音楽活動を本格的再開したいと提案。彼女のオリジナル曲としては1999年9月16日「Adore」以来、約20年ぶりとなるファン待望の新曲を今冬に発売を予定。

さらに、自身の誕生日でもある2020年3月1日には、デビュー時に初コンサートを行った思い出の場所「東京・中野サンプラザ」にて、コンサートの開催も決定している。

◆中山美穂「かなり贅沢な誕生日パーティー」

音楽活動を本格的に再開させる中山は、「ありがたいことに、コンサートはやらないのですか?と言って下さる方が沢山います。音楽から遠ざかって随分と経ちますが、私の気持ちはいつだって音楽で溢れています」とコメント。

「泣いたり笑ったり、感動の思い出が沢山詰まった中野サンプラザ。また歌えることの喜びを皆さまにお伝え出来る日が来るなんて信じられませんが、かなり贅沢な誕生日パーティーとして楽しんで頂けたらと思います」と呼びかけている。(modelpress編集部)

■中山美穂(なかやま・みほ)プロフィール

1970年3月1日生まれ、東京都出身。1985年、ドラマ・CDデ ビュー。同年、日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。日本レコード大賞・ゴールドディスク大賞など各賞も受賞。1994年、映画「Love Letter」でブルーリボン賞他、各映画祭にて最優秀主演女優賞 受賞。1998年、映画「東京日和」で日本アカデミー賞 優秀主演女優賞 受賞。映画「サヨナライツカ」(2010年)、「新しい靴を買わなくちゃ」(2012年)、「蝶の眠り」(2018年)、NHKBSプレミアム連続ドラマ「プラトニック」(2014年)などに主演。初舞台「魔術」(本多劇場他)(2016年)、フジテレビ系列月9ドラマ「貴族探偵」(2017年)、NHKBSプレミアムドラマ 「平成細雪」(2018年)、フジテレビ系列木曜ドラマ「黄昏流星群」(2018年)、フジテレビ開局60周年特別企画「コンフィデンスマンJP 運勢編」(2019年)などに出演。

【Not Sponsored 記事】


関連記事

おすすめ情報

モデルプレスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索