中川大志「G線上のあなたと私」次回予告の“シャッタードン”に「キュン死」「かっこよすぎ」と反響殺到

中川大志「G線上のあなたと私」次回予告の“シャッタードン”に「キュン死」「かっこよすぎ」と反響殺到

【モデルプレス=2019/10/23】女優の波瑠が主演を務めるTBS系新火曜ドラマ「G線上のあなたと私」(毎週火曜よる10時〜)の第2話が22日に放送された。次回予告で公開された、俳優の中川大志が演じる加瀬理人の言動に反響が寄せられている。<※ネタバレあり>

◆波瑠主演「G線上のあなたと私」

主人公・小暮也映子(波瑠)は寿退社間近に婚約破棄され、仕事も結婚も失う。そんな日にたまたま聞いた「G線上のアリア」の生演奏をきっかけに、大人のバイオリン教室に通い始める。

優雅な趣味と思いきや、そこにはバイオリンのように一筋縄ではいかない恋愛、仕事、家族などで様々な問題を抱える人たちが集まっていた。そんな悩める大人が通うバイオリン教室を舞台に繰り広げられる恋と友情の物語。

也映子がたまたま興味を持ち通い始めた大人のバイオリン教室で出会うイケメン大学生・加瀬理人役を中川、もう1人のバイオリン教室仲間の主婦・北河幸恵を松下由樹が演じる。

◆中川大志“シャッタードン”にファン悶絶

理人は、バイオリン教室の講師で兄・侑人(鈴木伸之)の元婚約者である眞於(桜井ユキ)に片思い中。少々不愛想だが憎めない、イマドキ男子で、恋愛に関してはどうやら不器用…というキャラクター。

第2話では、婚約者への未練を断ち切るため結婚式の二次会で着る予定だったワンピース姿でバイオリン発表会に参加した也映子を見て、普段とのギャップに照れる場面や、姑からの意地悪に涙する幸恵に「楽しくしてればこっちの勝ちだ」と励ます場面など、理人の“根は優しいツンデレイケメン”ぶりが随所に描かれた。

そんな第2話終了後の次回予告では、理人が也映子に対し“シャッタードン”をしながら「焦った…今日可愛いから」と接近するシーンが。

この放送を見ていたファンからは「すでに予告でキュン死」「シャッタードンはやばい…」「かっこよすぎ」「早く来週になってください!」といった反響が多数寄せられ、次回の第3話への期待がますます高まっている。(modelpress編集部)

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】


関連記事

おすすめ情報

モデルプレスの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る