玉城ティナ「何も見えていませんでした」努力の演技明かす<地獄少女>

玉城ティナ「何も見えていませんでした」努力の演技明かす<地獄少女>

【モデルプレス=2019/11/16】女優の玉城ティナが16日、都内で行われた主演映画「地獄少女」(11月15日公開)の公開記念舞台挨拶に、共演の橋本マナミ、森七菜、楽駆、仁村紗和、大場美奈(SKE48)、藤田富、メガホンをとった白石晃士監督とともに登壇した。

◆映画『地獄少女』

同作は、オリジナルテレビアニメとして2005年より放映されて以降、コミカライズ(「なかよし」で連載)をはじめ、テレビドラマ、ライトノベル、ゲーム、2.5次元舞台、そして、パチンコ台・パチスロ台化を含む「地獄少女」シリーズとして幅広く展開。都市伝説から始まる報復代行地獄送りホラーとなっている。玉城は主人公“地獄の復讐執行人”の閻魔あいを演じる。

◆白石晃士、玉城ティナを絶賛

玉城とは「貞子vs伽椰子」以来2度目のタッグになる白石監督。前作に比べて玉城は「素晴らしい役者さんになられていた」と語った白石監督は「今回はほとんどお任せでした。前は色々言ったのですが、今回は玉城さんが作ってきたキャラクターがほぼそのままだったので」と太鼓判を押した。

そんな玉城は「言われなさ過ぎて不安でした。監督は『いいね!』っていうタイプじゃないし、『OKです』と言われてもこれ大丈夫なのかな?嫌われてるのかな?みたいなのはありました」と回顧。しかし監督は「頼もしい役者さんだと思います」と絶賛していた。

撮影の裏話を聞かれると、玉城は「セリフを言っているときに一度も瞬きしていないんです」と明かし、「どんどんどんどん目が乾いてきて、コンタクトなので視点が合わなくなってきて、もやっとした世界の中でセリフを言っていました」と告白。「姿勢も固定していたので、何も見えていませんでした」と、驚きのエピソードを明かしていた。
(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】


関連記事

おすすめ情報

モデルプレスの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る