蜷川実花、沢尻エリカ容疑者逮捕後初ツイート “梅の花”添えてメッセージ

蜷川実花、沢尻エリカ容疑者逮捕後初ツイート “梅の花”添えてメッセージ

【モデルプレス=2019/11/18】女優・沢尻エリカ(33)が16日、麻薬取締法違反(合成麻薬所持)容疑で警視庁に逮捕された。これを受け、沢尻と親交が深い写真家・映画監督の蜷川実花氏が自身のSNSにて、沢尻についてと思われるメッセージを投稿し、話題を集めている。

◆蜷川実花「明日からも頑張ろう」

蜷川氏は「明日からも頑張ろう」とし、聖母像が祈っている置物の前に梅の花が添えられ、美しく咲いている写真を投稿した。

蜷川氏が監督を務めた映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」では、俳優の小栗旬が天才作家・太宰治を演じ、作家志望の愛人・静子を沢尻容疑者が演じた。

本作のポスタービジュアルの静子の背景に咲く花は“梅”となっていることから、沢尻容疑者に向けてのメッセージだと見られる。

また蜷川氏はTwitterにて、国際政治学者の三浦瑠麗氏がつづった、「沢尻エリカさんを芸能界から追放すべきとの発言がTVであったとか。今朝の日曜報道でも言った通り、私はそう思わない。例えば蜷川実花さん監督の『人間失格』とか、素晴らしい作品がこの事件をきっかけに埋もれたりTVで放映できなくなったりすることはあってはならない。薬物はダメといえばいい」という投稿をリツイートしていた。

◆ファンから様々な声

この投稿に、「この写真に込められた想いが伝わる」「私も頑張ります」「静子大好きです」「梅の花がとても似合っていました」「応援してます!」「また2人の作品がみたいです」などのコメントが寄せられている。

◆沢尻エリカ容疑者、MDMA所持容疑で逮捕

報道によると警視庁は16日、沢尻容疑者の東京都目黒区の自宅マンションを家宅捜索。持ち物検査をしたところ、違法薬物である合成麻薬(MDMA)を所持していたことにより現行犯逮捕された。

MDMAは風邪薬のカプセルに粉末状に入っていたという。カプセルは棚のアクセサリーケースの中に入っていたと報道。所持していたMDMAは0.09グラムで、沢尻容疑者は警察の調べに対し、「私のものに間違いありません」と供述した。

沢尻の所属事務所は「麻薬取締法違反の容疑で逮捕されました」と逮捕を認め、「本件につきまして、現在事実関係を確認しております」と報告。また「関係各所の皆様、並びにファンの皆様へ、多大なご迷惑とご心配をおかけしておりますことを、深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

今後の処遇については「捜査の進捗を見守りつつ厳正に対処して参ります」としている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】


関連記事

おすすめ情報

モデルプレスの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る