【モデルプレス=2020/01/15】BTSが所属するBig Hitエンターテインメントの新人ボーイズグループ・TOMORROW X TOGETHERが15日、日本デビューシングル「MAGIC HOUR」をリリース。同日都内にて発売記念イベントを開催した。

◆TOMORROW X TOGETHER、日本語Ver.初パフォーマンス

イベントにはシングルCD購入者の中から抽選で選ばれた2000人のファンが集結。 5人は「9と4分の3番線で君を待つ (Run Away) [Japanese Ver.]」と「ある日、頭からツノが生えた (CROWN) [Japanese Ver.]」を披露し、会場を大いに盛り上げた。

パフォーマンス前のトークでは、日本デビューの率直な心境について、SOOBINは「すごく楽しみですが、日本語がまだまだなので素直に言うと緊張しています!でもこれからなので、頑張ります!」と語り、初挑戦となる日本語でのレコーディングについて、HUENINGKAIは「発音が難しくて少し苦労はしたんですけど、いつも通り楽しくレコーディングしました。」と語り、「9と4分の3番線で君を待つ(Run Away) [Japanese Ver.] 」MV撮影秘話については、BEOMGYUは「撮影セットがゲームセンターみたいで、そこにあったゲーム機でメンバーと一緒にゲームしたりしました。」と語り、日本の好きな食べ物についてYEONJUNは「ラーメンがすごくおいしいと聞いたので、食べてみたいです。」と語り、今後、日本でやってみたい事についてTAEHYUNは「いろんなところを回りながらコンサートツアーをしたいと思います。」とそれぞれメンバーが語っている。

◆TT兄弟モノマネも披露 日本語でファンに感謝

グループ名にちなんで、TT兄弟(チョコレートプラネット)によるお祝いメッセージVIDEOも到着し、その後、メンバーもTT兄弟を真似る一面も披露し、会場は大きな笑いで包まれた。

最後の挨拶では「TOMORROW X TOGETHERのデビューショウケースに寒い中、来ていただいたファンの皆さん、そしてメディアの皆さんありがとうございます!これからも、よろしくお願い致します」と笑顔で語り、会場を後にした。

TOMORROW X TOGETHERは、2019MGMA(M2 X GENIE MUSIC AWARDS)で男性新人賞、2019 SORIBADA BEST K-MUSIC AWARDSでルーキー賞、2019 VLIVE AWARDS V HEARTBEATでグローバル・ルーキー賞、2019 Asia Artist Awards in Vietnamで新人賞、MMA 2019(MELON MUSIC AWARDS)で新人賞、先日ナゴヤドームで開催された2019 MAMA(Mnet Asian Music Awards)で男性新人賞(BEST NEW MALE ARTIST)とWORLDWIDE FANS’CHOICE、ゴールデンディスクアワーズwith TikTokで新人賞、GAONCHART MUSIC AWARDSで‘本年の新人賞フィジカルアルバム部門’を受賞と、新人賞8冠を果たしているグローバルスーパールーキー。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】