【モデルプレス=2020/01/15】映画『サヨナラまでの30分』(1月24日公開)の大学生限定試写会イベントが15日、東京・青山学院大学アスタジオにて行われ、W主演を務める新田真剣佑、北村匠海をはじめ、久保田紗友、葉山奨之、上杉柊平、清原翔、萩原健太郎監督が登壇した。

この日は、映画上映後のトークイベントのゲストが萩原監督のみだと知らされていた学生たちの前に、サプライズでキャスト陣が登場。新田や北村が姿を現すなり「かっこいい!」「やばい」などの悲鳴が上がった。新田は「明日全局で流れるのでそれを期待しています」と挨拶し、北村は「大学時代を過ごしたことがないので、大学というだけでワクワクしています」と笑顔を見せた。

トークイベントでは、学生からの質問に答える企画も設けられたが、初っ端から「一番大変だったシーンやワクワクされたシーン、また特に見てもらいたいシーンがありましたら教えてください」という質問が飛び、北村は「とても真面目!(笑)」と驚き。青山学院大学に在学していた上杉は「後輩!」とドヤ顔全開だった。一方、真面目な質問が続くあまり、新田は「本当に聞きたいことで大丈夫ですよ。用意された質問じゃなくても大丈夫ですよ」と真っ直ぐな眼差しで女子学生に訴えかけ、会場を笑いに。

また、学生へのサプライズ登場を仕掛けるとともに、実は学生側からもサプライズ演出が。キャスト陣が演じる劇中バンド「ECHOLL」が歌う本作のリード曲「もう二度と」を学生全員で披露することを提案すると、キャスト陣は「どういうこと!?」「そもそも監督だけに聴かせるつもりで練習してきたってこと?」と驚きの声を上げ、新田は「クワイエットってこと?」と質問。これに北村は「イエス、イエス」と返し、合唱を聴き終えると、感激した様子の北村は「グッと来ました。合唱大好きで…カラオケでも合唱曲を歌ったりするくらい」といい、新田も「2人でね。2人しかいないのに合唱曲」と仲睦まじいエピソードを明かしていた。

最後に、新田が「新田真剣佑が大学に来たよ!ってSNSで『#サヨナラまでの30分』でつぶやいてください」とアピールすると、北村は「着実にバズらせてくるよね(笑)」とつっこむなど、終始和やかなイベントとなった。

◆新田真剣佑&北村匠海W主演「サヨナラまでの30分」

完全オリジナル映画となる今作で、新田が演じるのは1年前に死んだ人気ミュージシャンの宮田アキ、北村が演じるのは人付き合いが苦手で就活も失敗続きの大学生・窪田颯太。出会うはずのない2人を繋いだのはアキが遺した1本のカセットテープだった。そのテープを再生している30分間だけ、アキは颯太の体を借りて、恋人やバンド仲間に会いに行くという、青春音楽ラブストーリーとなっている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】