【モデルプレス=2020/01/16】GENERATIONS from EXILE TRIBEの小森隼が15日、都内にて行われたAbemaTVのオリジナル恋愛リアリティーショー『恋愛ドラマな恋がしたい〜Bang Ban Love〜 』(1月25日よる11時スタート)収録後合同取材に渡辺直美、Perfumeのあ〜ちゃん、ジャルジャルの福徳秀介、谷まりあとともに出席した。

今年始めに初の朗読劇「芸人交換日記」で主演を務めた小森。まだ世にの中に出ていない裏エピソードを聞かれると、「ものすごい経験になって、自分的にも一人でやる座長も初めてだったので、いい経験になりました」と振り返りつつ、「メンバーも観にきてくれて、応援してくれたり、よかったよって差し入れもしてくれたんだけど、リーダーの白濱亜嵐だけ海外に行っていて来なかったという今年一の悲しい裏エピソード」とメンバーについて明かした。

しかし、「初日のゲネプロのとき、すごい笑顔の頑張ってていう写真だけ(送られてきた)」とメッセージ付きの写真が届いたそうで、「仲がいいですけど…。そんな悲しいエピソードがありましたね」と、白濱だけ来てくれなかったショックを笑い飛ばした。

◆小森隼、メンバー同士で“愛あるダメ出し”

さらに、メンバーのソロ活動状況をチェックするのか聞かれると、「見ますね」と答え、「誰かがドラマに出ているときは、あーだった、こーだったって、個人での活動についての話はします」とメンバー同士必ずチェックしているという。「みんな愛があって見ているんですけど、ちょっと照れ屋の部分もあって、基本全ディスリで話している(笑)。でもちゃんと全部見ているところがメンバーの愛だなとみんなで笑い合っています」と“愛あるダメ出し”をし合っていることを明かした。

前シーズンの『ドラ恋』には関口メンディーもゲスト参加していた。その撮影後には「メンディーさん、もっと行けたと思うってお酒を飲みながら反省会をしていました」と仲良しっぷりを語り、「是非またなにかあればよろしくお願いします」とメンディー本人に代わり、『ドラ恋』出演をお願い。ほかの共演者たちは「本当に仲が良すぎ」「代わりに営業している」「愛があるんだな」と驚いていた。

◆「恋愛ドラマな恋がしたい」とは

今作は、キスシーンのある恋愛ドラマの撮影で若手俳優たちの恋は生まれるのか?を追う恋愛リアリティーショー。第5弾となる新シーズンの見どころは、若手俳優たちが禁断の愛をテーマにした過激な「連続ドラマ」に初挑戦し、ドラマ撮影の裏側で起こる恋や主演争いの様子がリアルに描かれる予定。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】