【モデルプレス=2020/01/16】3月8日放送スタートの2020年スーパー戦隊シリーズ「魔進戦隊キラメイジャー」のキャストが、16日都内にて行われた制作発表記者会見にて発表された。レッド役はダンスボーカルグループ・Zero PLANET(通称:ゼロプラ)メンバーの小宮璃央が務める。

◆レッド役は「男子高生ミスターコン」出身の小宮璃央

キラメイレッド(熱田充瑠/あつた・じゅうる)役に抜擢された小宮は、日本一のイケメン高校一年生を決定する「高一ミスターコン2018」でグランプリ、さらに日本一のイケメン高校生を決める「男子校生ミスターコン2018」で準グランプリを獲得。また「男子高生ミスターコン2018」ファイナリスト7人で結成されたZero PLANETのメンバーとして昨年デビューを果たした。

5人の中では最年少の小宮は、「お芝居の経験も全然ないので、この1年で熱田充瑠君と小宮璃央がどれだけ成長できるかを見守って欲しいです」と意気込みを明かした。また「自分にとってのヒーローは?」という質問が飛ぶと、小宮は「母子家庭で育ててくれたお母さんがヒーローです」と語っていた。

◆キャスト5人が発表

キラメイイエロー役は、俳優でダンスボーカルグループ「銀河団」メンバーの木原瑠生。キラメイグリーン役はドラマ「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」にも出演した女優の新條由芽が務める。

キラメイブルー役は、ドラマ「あなたの番です」で注目を集めた水石亜飛夢、キラメイピンク役は横浜流星主演映画「L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。」(・はハートマーク)などに出演した工藤美桜が演じる。

◆ 『魔進戦隊キラメイジャー』モチーフは『宝石+乗り物』

スーパー戦隊シリーズ第44作となる本作のモチーフは『宝石+乗り物』。不思議なパワーを秘めた“キラメイストーン”という美しい宝石が、意志をもち、タッグを組むにふさわしい戦士を選び出す。さらに、キラメイストーンは戦士の個性と共鳴し、巨大な乗り物・魔進(マシン)に変形。『宝石+乗り物』という斬新なモチーフで、華麗に戦うヒーローたちの活躍を描く。

また人が輝いて生きることを物語のテーマに、“全力で活躍して輝く”ヒーローたち、そのビジュアル、アクション、ロボ戦など、すべてがキラキラした、これまで見たことのないほどゴージャスなスーパー戦隊が誕生する。

それぞれのヒーローは、攻撃を創造する“創”の戦士・キラメイレッド、多彩な射撃を繰り出す“射”の戦士・キラメイイエロー、高速攻撃が得意な“速”の戦士・キラメイグリーン、剣撃で敵を倒す“斬”の戦士・キラメイブルー、治癒能力と合気道に秀でる“治”の戦士・キラメイピンクの5人。彼らがそれぞれの得意分野を生かして敵と戦い、人々の希望と輝きを守る。

◆レッド役・小宮璃央(こみやりお)プロフィール

2002年11月19日生まれ/175cm/福岡県出身/O型

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】