【モデルプレス=2020/01/16】「AKB48グループのVRライブ配信開始に関する記者発表会」が16日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われ、AKB48の柏木由紀、SKE48の須田亜香里、NMB48の白間美瑠、HKT48の田中美久、NGT48の本間日陽、STU48の瀧野由美子が出席した。

◆AKB48グループの劇場公演のVR配信開始を発表

今回、AKB48グループの劇場公演のVR配信を、ソフトバンクが提供するスマートフォン向けVR(仮想空間)プラットフォームアプリ「LiVR(ライブイアール)」で、2月3日より提供開始されることが発表され、秋葉原にあるAKB48劇場、栄にあるSKE 48劇場、新潟にあるNGT48の劇場公演のVR映像を「LiVR」の有料チャンネルで配信されるほか、1日限定で各劇場公演のVRライブ配信が視聴できる「1日視聴券」も販売される。

◆AKB48柏木由紀「すごくびっくりしました」

劇場公演がVR映像で楽しめると最初に聞いた際の心境を尋ねられた柏木は「すごくびっくりしました。VRはゲームとかのイメージが強かったので、劇場をVRで楽しんでいただけるのはすごく嬉しいなと思います」と喜びをあらわに。

続けて柏木は「48グループは“会いに行けるアイドル”がコンセプトで劇場を大切にしているので、いつも足を運んでくださっているファンの皆さんはもちろん、来たことがない方には言葉だけでは劇場のよさを伝えるのが難しいので、VRを使って臨場感を味わいながら、たくさんの方に楽しんでいただける機会になるんじゃないかなと思いました」と期待を寄せた。

また、メンバーによる「LiVR」の推しポイントの紹介も実施。“いつでも「最前列より前の超神席」を確保!”とポイントを挙げた柏木は「カメラが最前列よりも前に置いてあるので、劇場の最前列よりも近くからVRで見られて、自分の姿勢を動かすと、そっちにいるメンバーのことも見られるという風になっております」とアピール。

白間は「メンバーを触れるんじゃないかというくらい近い超神席となっております」とニッコリ。本間も「劇場公演は抽選で席が決まったりするんですけど、どんなに運がいい方でも毎回最前列で見るのは無理ですが、このVRを使ったら、毎公演、最前列より前の超神席で劇場公演を楽しむことができます」と訴えた。

さらに、“劇場公演を「視点と劇場を一瞬で切り替えて」高画質リアルタイム視聴可能!”と挙げた須田は「2月3日から3劇場で取り入れさせていただくことが決まっています」と声を弾ませ、田中は「ソフトバンクさんの高い技術でいつでも高画質で配信を見られるので、ストレスなくご覧いただけます。お仕事や移動などでなかなか公演を見られない方や、抽選に外れてしまった方も、いつでも高画質で見られるので楽しめるなと思います」とコメントした。

映像切り替えについて瀧野は「各劇場に3台のカメラが設置されているということで、自分でカメラの映像を切り替えて視聴することができます。楽曲のよってフォーメーションやポジションが変わると思うので、自分でその都度切り替えて、自分の推しメンを追いかけるということもできます!」と説明。

そして瀧野は「劇場自体も切り替えることができるので、同じ日に劇場公演があった場合は、AKB48劇場から、SKE48劇場まで一瞬で切り替えることができます。切り替え方もゴーグルの中の画面を視線で操作することで、一瞬で切り替えることができるので、見ている方はまさに瞬間移動しているような感覚になると思います」と紹介した。

◆AKB48柏木由紀「LiVR」体験

イベントでは、柏木が実際にVRゴーグルを着用して「LiVR」を体験する一幕もあり、「なんか、覗けるかな…。あー、ムリかー!」と体を反らせてローアングから覗こうとして笑いを誘い、「絶対1回はやると思うよ、ファンの人」とニヤリ。実際に体験した感想を求められると「めちゃ近いです!映像なのに立体感があるから、本当にその場にメンバーがいるかのように感じられますし、けっこう興奮しますね(笑)」と目を輝かせた。

また、VR映像で配信されることで、メイクなど改めて心がけたいことを尋ねられると、柏木と顔を見合わせた須田は「ここはね、最年長なので、映像は高画質になればなるほど意気込んじゃうというか、毛穴ケアが今まで以上に大変になってくるかなと思います」と戦々恐々とし、メイクに数時間かかると指摘された柏木は「だからみんなより2時間くらい早く入ろうかな(笑)。生配信なので努力を重ねたいと思います」と力を込め、須田も「私も美容代には今まで以上にお金をかけて行きたいと思います」と吐露した。

さらに、ライトなファンも視聴することが期待されるが、グループの魅力を伝えるために何かしたいことはあるか質問されると、田中は「たくさん『LiVR』を見ている方にアピールしたいので、普段は恥ずかしくてカメラを見られないんですけど、『LiVR』にたくさんアピールしたいなと思います」と意気込み。

本間は「今までウインクができなかったんですけど、今回めちゃくちゃ近いので、『LiVR』を見てくださっているファンの方にウインクをしたいなって思いました。(まだウインクは)できないので、練習してゆきりん(柏木)さんみたいにきれいなウインクをしたいと思います」とニッコリ。これに柏木は「スピード勝負!ゆっくりすると下手なのがバレるから、瞬時に」とアドバイスを送った。

そして、同じ質問に須田は「私はもともと後ろの隅っこのほうが3年以上自分の定位置で、来てくださった方に見つけてもらうのに苦労したので、今回『LiVR』さんは自分だけの視点でメンバーを楽しめるので、今までなかなか日の目が当たらなかったメンバーにもたくさんの方に見つけてもらえたり、そういうキッカケになればいいなと思います」と期待し、「きっとメンバーにも励みになる素敵な企画だと思いますので、すごく楽しみにしています」と語った。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】