【モデルプレス=2020/01/16】稲垣吾郎が16日、舞浜アンフィシアターにて行われた「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」ワールドプレミアプレス向けセレモニーに出席した。

同コンサートのナビゲーターとして全公演に出演する稲垣。ディレクター、ベッキー・クライン氏からウォルト・ディズニー・アーカイブス所有1930年代の一点物の貴重な楽譜がサプライズでプレゼントされると稲垣は驚きながら「ブログにアップしても大丈夫ですか?」と質問。OKをもらうと「インスタも始めたので、世界に発信して世界の皆さんに幸せを届けたいと思います」と世界へ向けて紹介することを約束した。

これからコンサートがスタートする現在の心境を聞かれた稲垣は「ここまで何回もリハーサルを重ねてきたんですけど、改めてウォルト・ディズニーさんのエンタメ界の“キングオブエンタメ”を感じた」とウォルト・ディズニーの世界観に圧倒されたそうで、「ご一緒できて、こんな広いところなのでドキドキしているけど、楽しみです」と笑顔を見せた。

◆「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」とは

同コンサートは、ウォルト・ディズニーが創り上げた貴重な映像・資料を保有するウォルト・ディズニー・アーカイブスの全面協力により、約1世紀にわたる世界初公開も含むコレクションと様々な作品のディズニー音楽でお届け。この日の舞浜アンフィシアターを皮切りに東京、名古屋、大阪で開催する。

稲垣は「永遠に語り継がれる作品がどう生まれたのか、意外と手作り感溢れています」と見どころをアピールし、「あとは演奏が素晴らしい。1番の特等席で鑑賞できるので、こんな贅沢なことはない」と胸を弾ませていた。

◆稲垣吾郎、本番ではユーモアたっぷりに紹介

本番ではオープニングメドレー「いつか王子様が〜夢はひそかに〜パート・オブ・ユア・ワールド〜星に願いを」終了後、ステージ中央から稲垣が登場。「『ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート』案内人の私がウォルト・ディズニーです」とジョークを交えながら自己紹介し、「台本に書いてあるから(笑)」と照れ笑い。

コンサートのタイトルになっている“アーカイブス”の意味、オズワルド・ザ・ラッキー・ラビットからミッキーマウスの誕生までなどの歴史をユーモアたっぷりに紹介。「ウォルト・ディズニーの人生を巡る旅に一緒に出掛けましょう」と呼びかけ、ミッキーマススが蒸気船に乗っている絵が映し出されると、稲垣は何回も「ポッポー」と笛の音を真似しながらはけていった。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】