【モデルプレス=2020/02/13】NEWSの手越祐也と増田貴久が、12日放送の『テゴマスのらじお』(MBSラジオ/毎週水曜23時30分〜)に出演。バレンタインデーについて振り返った。

◆手越祐也&増田貴久、スタッフにお返しを渡す?

番組冒頭、「(チョコレートを)もらう機会は、毎年話してますけど減ってますけども、僕らありがたいことに現場のスタッフの方からもらうこともありますよね」とスタッフからもチョコレートをもらっていたという手越。

すると増田が「その次の月に返した方がいいのかって毎年悩みますよ」と率直な心境を明かし、「(もらった次の月も)会う場合はどうしてんの?」と質問。

手越が毎月会うスタッフでも「返さないよね」と答え、これに増田も同意。お返しを渡さない理由として手越は、「いやいや形で、向こうも気を遣って僕らにくださっているわけだから、変になんかお返しすると来年のハードル上がったりするじゃない?」と理由を明かした。

◆手越祐也&増田貴久、小学生時代のバレンタインエピソード明かす

さらに過去のバレンタイン事情まで話が及び、2人は小学生の時はお返しを渡していたという。続けて「お母さんに買ってきてもらって、ちっちゃいハンカチ渡してたわ」と増田は振り返り、「自分で買ったフリして…」とポツリ。

手越も「自分もクッキー買いに行ってたよ。まあもちろん親同伴の元よ」といい、チョコレートをたくさんもらっていたか尋ねられると「いやいやそんなことない。俺、小学校の時全然モテてないから」と語った。

この放送にファンからは「2人共いっぱいチョコもらってただろうな〜!」「小学生時代のエピソード可愛い」「お返し渡さない理由がイケメン〜」などの反響がSNS上に寄せられた。(modelpress編集部)

情報:MBSラジオ

【Not Sponsored 記事】