【モデルプレス=2020/02/13】活動を休止していたIZ*ONEが再始動することを受け、メンバーの宮脇咲良がレギュラーを務めるラジオ番組『今夜、咲良の木の下で』(bayfm/毎週水曜24時〜)が19日より放送を再開することがわかった。

◆宮脇咲良ラジオ番組、3ヶ月ぶりに放送再開

IZ*ONEは、グループが誕生した韓国のサバイバルオーディション番組「PRODUCE 48」のファイナリストのメンバー12人で結成。番組プロデューサーのアン・ジュニョン氏が昨年11月、投票の不正操作を行ったことを認め逮捕され騒動に。これにより11月11日に予定されていた初のアルバムリリースが中止となり、カムバックの無期限延期・活動休止状態が続いたIZ*ONE。韓国のみならず、日本での活動予定もすべて白紙状態が続いていた。

同番組も、11月ラストの2週は急遽代役として宮脇と縁が深いAKB48グループ総監督の向井地美音と、元総監督の横山由依が1週ずつ、宮脇のファン、WIZ*ONE(IZ*ONEのファン)の熱いメッセージを紹介。宮脇不在初となる昨年11月20日の放送時には、韓国でもTwitterトレンド入りした。

12月からは「宮脇咲良、IZ*ONEが戻ってくるまでは、AKB48 グループが水曜24時という『さくのき』の放送枠を守っていきたい」という想いのもと、12月は特別番組:注目『bayfm MEETS AKB48 14th STAGE〜HOME〜』プレスぺ!を、1月からは、緊急特番『AKB482020〜HOPE〜』を放送。AKB48、HKT48のメンバー、そして元AKB48の野呂佳代が番組を担当してきた。

先日、IZ*ONEが延期されていた1stアルバム「BLOOM*IZ」を2月17日に韓国でリリース、同時にカムバックすることが発表されたことを受け、番組の放送再開を決定した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】