【モデルプレス=2020/03/25】女優の木南晴夏が、自身初の著書『キナミトパンノホン』を3月26日に発売。芸能界イチのパン好きで知られる彼女に、著書の見どころやパンにまつわるエピソードなどを聞いた。

◆木南晴夏「キナミトパンノホン」

パンシェルジュ検定2級を持ち、雑誌「おとなの週末」では約5年間にわたりパンの連載「キナミトパン」を執筆。2018年に催された「木南晴夏の渋BREAD」(西武渋谷店)では、3万人以上を動員。テレビ番組では、先日NHK BSプレミアム「パン旅。」が6シーズン目に突入することが発表されるなど、パンの仕事も精力的に行っている。

そんな木南が、実際に足を運んでいるお気に入りのパン屋を厳選。東京を中心とする関東のパン屋さんから「食パン」「クロワッサン」「ミルクフランス」など、9つのカテゴリに分けて紹介。また関東以外のエリアからもお気に入りのパン屋さんを8軒セレクト。全部で48軒のパン屋が登場する、パン好きなら見逃せない一冊に仕上がっている。

木南自身が各店舗のオススメポイントを書き下ろし、さらには「おとなの週末」での連載「キナミトパン」からも厳選回を収録。連載を読んでいたファンにも楽しめる内容に。また木南を撮り下ろすのは初のタッグとなる写真家・川島小鳥。パン屋さんでの等身大の木南の姿にも注目だ。

◆木南晴夏、自身初の著書発売「嬉しかった」

― 自身初の著書「キナミトパンノホン」発売にあたっての心境をお聞かせください。

おとなの週末さんの連載「キナミトパン」を始めてからの目標だったので、やっとこさという感じでとても嬉しかったです。

― 著書の見どころやアピールポイントは?

私が普段からよく行くお気に入りのお店を48軒どどんと紹介しています。紹介文も自筆なので、美味しさが少しでも伝わればいいなと思います。

◆木南晴夏がパンにハマったきっかけ

― そもそもパンにハマったきっかけは何ですか?

幼少期、母がパンの配達の仕事をしていて、それに付き添っていました。毎日焼きたてのパンの香りを嗅いで、美味しいパンをもりもり食べて育ったので、こんなにもパン好きになりました。

― パンにまつわる衝撃エピソードはありますか?

一度番組で、パンに関する夢はありますか?と聞かれたので、パンのベッドで寝てみたい!と言ってみたら、本当に作ってくださいました。あれは感動しました。

― 木南さんにとってパンとはどういう存在ですか?

生活を楽しくしてくれるもの。最近では、人との会話のきっかけにもなるようになりました。

◆“パン好き”木南晴夏の次なる目標は

― 著書発売の次に掲げる“パン好き”としての目標があれば教えてください。

「パン旅。」(NHK BSプレミアム)という番組をずっとやっていて、その番組が始まった頃からの目標が「海外でパン旅ロケ」なので、それを達成したいです。

― ファンの方に向けてメッセージをお願いします。

「キナミトパンノホン」には、めくるめく美味しいパンの世界が広がっています。パン好きの方はもちろん、そうでも…という方もこの本を見るときっとパン屋さんに行きたくなること間違いなし。「キナミトパンノホン」を片手に、是非パン旅に出てみてください。

(modelpress編集部)

■木南晴夏(きなみ・はるか)プロフィール

大阪府出身。1985年8月9日生まれ。「第1回ホリプロ NEW STAR AUDITION」でグランプリを獲得し芸能界入り。映画「20世紀少年」に出演し注目を浴びる。その他、ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズ、「セミオトコ」、舞台「海辺のカフカ」などの話題作に出演。幅広く活動している。パンシェルジュ検定2級の資格を持ち、雑誌「おとなの週末」での連載やNHK BSプレミアム「パン旅。」、イベント「木南晴夏の渋BREAD」を開催するなど、パンにまつわる活動も精力的に行っている。NHK BS プレミアム「パン旅。」の新シーズンが3月17〜20日、24〜27日の19時から放送される。

Instagram:https://www.instagram.com/kinamitopan/
Twitter:https://twitter.com/kinamiharuka
LINE:https://lin.ee/7bHhmjq
LINE BLOG:https://lineblog.me/horipro_kinamitopan/

【Not Sponsored 記事】