【モデルプレス=2020/03/22】女優・俳優にとって、高校卒業は1つの大きなターニングポイント。ここでは今年高校を卒業し、これからの活躍がさらに期待される女優や俳優たちを紹介する。

◆清原果耶(きよはら・かや)

2018年にドラマ「透明なゆりかご」(NHK)で初めてドラマ主演をつとめ、「東京ドラマアウォード2019」では同作で主演女優賞を獲得するほど、透明感と品がある演技を評価された清原。

2019年には、映画「愛唄−約束のナクヒト−」でヒロインを演じたほか、NHK連続テレビ小説「なつぞら」、ドラマ「俺の話は長い」(日本テレビ)にレギュラー出演し一躍知名度を全国区に。

さらに、ヒロインをつとめた映画「デイアンドナイト」では、RADWIMPSの野田洋次郎が作詞・作曲・プロデュースを担当した主題歌「気まぐれ雲」を劇中の役柄である大野奈々名義で歌い、歌手デビューも果たしている。

静かな中にも芯のある演技は、共演した生田斗真も「17歳とは思えないくらいどっしりとかまえた貫禄と、確かな腕がある。本当に信頼できる共演者の一人」と語るほど。「2020年 エランドール賞」でも新人賞を受賞した。

そんな、若手女優の中でも最注目の清原。今年は映画「砕け散るところを見せてあげる」(5月8日公開)のほか、映画初主演をつとめる「宇宙でいちばんあかるい屋根」(秋公開)、俳優の成田凌とW主演の「まともじゃないのは君も一緒」(11月公開)と、3作品の公開を控えている。

<清原果耶プロフィール>

生年月日:2002年1月30日
2015年、モデル活動に加え、NHK連続テレビ小説「あさが来た」にレギュラー出演したことがきっかけで、女優として本格的に活動を始めた。

◆森七菜(もり・なな)

昨年映画「天気の子」でヒロインの声優に大抜擢され、一躍話題となった森。その実力とピュアな人柄を新海誠監督も絶賛する。

そのほかにも昨年は、話題作「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ)に出演。自然体ながらも心を打つ演技で視聴者にインパクトを与えた。

さらに映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」、「最初の晩餐」、「地獄少女」、「ラストレター」と数々の話題作への出演が続き、「ラストレター」では、主題歌で歌手デビュー。テレビ朝日「ミュージックステーション」(毎週金曜よる9時〜)でも、同曲を披露し反響を得た。

多くのメディア予想にて、2020年のブレイクは間違いなしとされている森。今年はNHK連続テレビ小説「エール」(3月30日スタート/あさ8時〜)で女優の二階堂ふみの妹役として、朝ドラに初出演することが決定しており、さらに飛躍の年となっていくだろう。

<森七菜プロフィール>

生年月日:2001年8月31日
中学3年生の頃、地元・大分県でスカウトされ芸能界入り。園子温のオリジナルドラマ『東京ヴァンパイアホテル』でヒロイン役に抜擢され女優デビュー。

◆平手友梨奈(ひらて・ゆりな)

2015年に結成された欅坂46の圧倒的センターとして、今年1月までグループを牽引し続けてきた平手。2018年には「響 -HIBIKI-」で映画初出演にして主演をつとめ、昨年の「第42回日本アカデミー賞」新人俳優賞を受賞。共演の北川景子も「すごく表現力があって、クリエイティブなものを持っている方」と絶賛した。

グループ脱退後の活動がどうなるのかと注目が集まる中、岡田将生と志尊淳がW主演を務める映画「さんかく窓の外側は夜」(10月30日公開)でヒロインをつとめることが決定。同作が脱退後、個人としての活動の第一弾となる。

彼女にしか出せない繊細かつ力強く、鬼気迫る表現力を持つ平手。2年ぶり、2度目の映画出演で、彼女はどのような姿を見せるのか、公開を心待ちにするファンは多い。

<平手友梨奈プロフィール>

生年月日:2001年6月25日
2015年8月に結成された欅坂46で、デビューシングル『サイレントマジョリティー』から8作目シングル『黒い羊』までグループの絶対的なセンターを務めた。

◆高橋ひかる(たかはし・ひかる)

2014年8月「第14回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを受賞し芸能界入りを果たした高橋(※「高」は正式には「はしごだか」)。

2016年1月公開の「人生の約束」で女優デビューを果たし、2017年にオーディションを勝ち抜きNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」でドラマデビューを果たした。

2018年には、日本テレビ系ドラマ『高嶺の花』にて、ド派手なコスプレイヤー役で一躍話題に。さらに昨年はドラマ「俺のスカート、どこ行った?」の女子高生役でさらに注目を浴びた。

女優として“一癖ある役”を堂々と演じ作品ごとに話題となるだけでなく、その抜群のスタイルを活かし、雑誌「Ray」の専属モデルとしても活躍している。またバラエティー番組「スクール革命!」(日本テレビ)では、関西弁でボケる姿を見せるなど、視聴者・スタジオメンバーから愛される存在だ。

昨年10月、体調不良による休業を発表したが、今年1月に復帰。2020年も、女優に加え、モデルやバラエティーなど、マルチな活躍を見せてくれるだろう。

<高橋ひかるプロフィール>

生年月日:2001年9月22日
2014年8月「第14回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを受賞し芸能界入りを果たした。

◆竹内愛紗(たけうち・あいさ)

2017年3月に芸能界デビューし、透明感溢れる清純派美少女として注目を集めてきた竹内。ときには“第2の桐谷美玲”と呼ばれることも。

新田真剣佑や杉咲花といった次世代俳優が勢揃いした話題の映画「十二人の死にたい子どもたち」(2019)では、オーディションで12人のうち1人を掴み取った。昨年はドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ)に出演したほか、ドラマ「高嶺と花」(フジテレビ)ではヒロインに初挑戦。

そして2020年は、すでにドラマ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」(フジテレビ)、「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(日本テレビ)の2作にゲスト出演するなど、コンスタントな出演が耐えない。

そんな中、4月11日からスタートする中島健人・平野紫耀のW主演ドラマ「未満警察 ミッドナイトランナー」(日本テレビ/毎週土曜よる10時〜)のレギュラー出演が決定。今春随一の注目作で、どのような活躍を見せるのかに期待だ。

自身が主演をつとめるドラマ「シックスティーン症候群」(FOD)では、外見も中身もボーイッシュな少女を演じるため、髪をバッサリとショートカットにして臨んでいる。今年もさらに演技力に磨きをかける1年となる予感だ。

<竹内愛紗プロフィール>

生年月日:2001年10月31日
所属事務所のスタッフにスカウトされ、芸能界入りとほぼ同時に事務所の先輩である桐谷美玲とCMで共演し注目された。

◆鶴嶋乃愛(つるしま・のあ)

「Popteen」専属モデルとして2016年から活躍し、5ヶ月連続表紙を飾るなど同誌で圧倒的な人気を誇る鶴嶋。ファッションセンスだけでなくその発信力や自分の軸をしっかり持った性格から、同年代女子の憧れとなっている。

そんな鶴嶋は、2019年に演技経験がほとんど無い中、初の俳優オーディションで特撮ドラマ「仮面ライダーゼロワン」(テレビ朝日/毎週日曜あさ9時〜)のヒロイン役に抜擢。

本格的な演技はほぼ初挑戦にして、AI役という特殊な役柄を見事演じ、主演の高橋文哉とのカップリングも話題となっている。

カリスマモデルから、女優として、新たな道を切り拓いた鶴嶋。高校卒業後、さらなる活躍の幅を広げていくに違いない。

<鶴嶋乃愛プロフィール>

生年月日:2001年5月24日
2013年、雑誌『ピチレモン』のオーディションでグランプリを受賞し、同誌専属モデルに。その後2016年から『Popteen』に登場。

◆細田佳央太(ほそだ・かなた)

2018年に放送されたドラマ「FINAL CUT」でKAT-TUNの亀梨和也の高校生時代を演じ「学生時代役のイケメンはだれ?!」と話題を集めた細田。

そして、1000人を超える大規模なオーディションを勝ち抜き、昨年6月公開の映画「町田くんの世界」の主演に抜擢。超新人ながら監督に「一人だけ異彩を放っている」と評価された。

そんな中、2020年は、映画「子供はわかってあげない」(初夏公開)で、主演をつとめる女優の上白石萌歌の相手役を演じることが発表されている。

今年はアミューズ所属若手俳優による恒例のファン感謝祭、通称「ハンサム」の“新人ハンサム”として参加。先輩からも愛される期待の星だ。

<細田佳央太プロフィール>

生年月日:2001年12月12日
小学2年生のときにテレビに出たいと思い、母親が履歴書を事務所に送って芸能界入り。映画『もういちど 家族落語』で俳優デビュー。

◆福崎那由他(ふくざき・なゆた)

現在放送中の女優・戸田恵梨香がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「スカーレット」(月曜〜土曜あさ8時)で、大島優子演じる熊谷照子の息子役を務めた福崎。金髪姿で登場し、放送後「照子(大島の役名)の息子」というワードがTwitter上でトレンド入りを果たすなど、話題の注目株だ。

人気原作を実写化したミュージカル「黒執事」では三代目・シエル役を演じ、その熱演ぶりが話題にもなった福崎。昨年映画「サムライマラソン」や、ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(TBS)、「死役所」(テレビ東京)など話題作に出演し、単発での出演が多い中、堂々とした演技で存在感を発揮した。

福崎も今年、“新人ハンサム”として「ハンサム」に参加。これからの活躍が期待される。

<福崎那由他プロフィール>

生年月日:2001年11月5日
キッズモデルをしていた小学生の頃、フォトコンテストで“アミューズ賞”を受賞したことをきっかけに現在の事務所に入社した。茨城県出身。

◆加藤清史郎(かとう・せいしろう)

1歳1ヶ月で芸能界デビューし、子役として一躍有名に。ドラマや映画、舞台などに数多く出演し、主な出演作には、映画「忍たま乱太郎」、「暗殺教室」、大河ドラマ「風林火山」「天地人」(NHK)、ドラマ「任侠ヘルパー」(フジテレビ)、「相棒」(テレビ朝日)などがある。このほか、バラエティ番組にも数多く出演するなど、幅広く活動してきた。

そして、2019年12月31日をもって劇団ひまわりとの契約終了を報告し、2020年から芸能事務所の「研音」に所属することを発表。現在は、日本初上陸のディズニー ミュージカル「ニュージーズ」(東京・日生劇場 5月8日〜30日/大阪・梅田芸術劇場 6月6日〜13日)への出演、映画「太陽は動かない」(5月15日公開)、「#ハンド全力」(主演/5月22日公開)の公開を控えている。

子役時代の可愛らしいイメージとは一転、男らしく成長を遂げた加藤。彼が見せる新たな一面に注目だ。

現役高校生の頃から、様々な作品で多彩に活躍してきた9人。高校卒業を機に、今後さらに飛躍し、次世代を担っていく存在となるだろう。(modelpress編集部)

<加藤清史郎プロフィール>

生年月日:2001年8月4日
1歳1か月で芸能界デビュー。大河ドラマ『天地人』で主人公直江兼続の幼少期を演じ、一躍話題に。

【Not Sponsored 記事】