【モデルプレス=2020/03/21】テレビ朝日の公式YouTubeチャンネル「動画、はじめてみました」にて、新企画が始動。21日12時より、1年目の下村彩里アナと斎藤ちはるアナの「女子アナダンス部」が配信された。

同チャンネルでは、田中萌アナによる欅坂46の『不協和音』フル尺ダンスが、メイキング動画と合わせて50万回再生を突破するほどの人気ぶり。田中アナは早くも次作として、日向坂46『ソンナコトナイヨ』のフル尺ダンスに日々取り組んでいるがこの度、BLACKPINKをクールに踊った入社2年目・住田紗里アナに続き、入社1年目で『報道ステーション』気象情報を担当する下村アナが新入部員として加入することになった。

4歳からクラシックバレエを始めた下村アナは、173cmという高身長を武器に、学生時代はカナダやアメリカに1年半、イタリアのミラノ・スカラ座バレエ学校に1年留学も経験したという本格派。「同期の元・乃木坂46の斎藤ちはるが踊っていたのをちらっと見て、バレエっぽい振り付けだなと思い、難しそうではありますが挑戦してみようかなと思いました。できればちょっとバレエのアレンジも加えてできればなと」と、乃木坂46の『シンクロニシティ』を選曲した。

◆下村彩里アナ×斎藤ちはるアナ、コラボダンス

しかし、経験はあるものの「ここ1年くらいは踊っていなかったので体が動くか心配です。バレエしかやってこなくて、他のダンスに関わってこなかったので不安は大きいです」と気がかりな下村アナ。そこで、同期・斎藤アナが振付のアドバイスすることに。

下村アナの練習に参加し“本家”としてコツを伝授する。「(斎藤)ちはるとは一緒に旅行に行った時に、ノリで乃木坂46の曲を一緒に踊ったこともある“息ぴったり”のパートナー!助っ人に入ってくれたら鬼に金棒です!」という下村アナのラブコールに対し、斎藤アナも「ちょっとでも共演できたら面白いかな?楽しいかな?って。」と俄然やる気。本家・元乃木坂46と下村アナの「同期コラボダンス」となった。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】