【モデルプレス=2020/03/22】SKE48の須田亜香里が、22日に放送された「ロバート秋山・千鳥ノブ&田中みな実の上書きゴシップ〜ちょっとそれ違うんです〜」(日本テレビ)に出演。安田大サーカス・クロちゃんとのゴシップについての真相を明かした。

須田とクロちゃんに関する記事では「現役アイドルAがクロちゃんと昨年末2人きりで六本木の飲食店へ行き、食事後は2人仲良くタクシーに乗車」とされており、番組が須田本人に直撃。「一緒にいたことは本当」としたうえで、記事内の複数のことを訂正した。

◆須田亜香里、ゴシップ完全否定

そもそもクロちゃんと2人きりではなくラジオのレギュラー者たちとの食事に行った帰りだそうで、日時も昨年末ではなく10月。場所も六本木ではなく赤坂で、須田曰く「六本木の方が、わざと遊んでいるイメージになるので書き換えてるんだと思う」。極めつけは、タクシーに一緒に乗ったのは4人。日時・場所・人数も違うことを指摘した。

◆須田亜香里“真実ではない”裏側を指摘

そして、須田は「もし本当に私なら『須田亜香里』って書いてほしかったです」といい、「記者さんってタイトル大事にするじゃないですか、絶対にクリックしてほしいから。結構引きのあるタイトルにしてると思うんですけど、それを『A』でぼかしているのは、私に引きがないのかな」と悲しそうな表情をみせる場面も。

あわせて「憶測でしかないから、(記事が掲載された)年末年始にネタがなかったのか、この時期はクロちゃんのアイドルプロデュースが話題になっていたからか、そのクロちゃんが現役アイドルと熱愛だと話題になるから、事実と異なる部分があるから写真が1枚も載ってない」と裏事情を鋭い分析していた。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ


【Not Sponsored 記事】