【モデルプレス=2020/03/26】モデルで音楽家のMattが26日、都内で行われたフラッグシップブティックのテープカットセレモニーに出席。“LOVE”を感じ合う存在を告白した。

◆Matt、“LOVE”を感じ合う存在を告白

テープカットセレモニー後に“LOVE”とメッセージを書いた思いを聞かれると「人生を通してすべてにおいてLOVEって大切だなと思って、今、大変な時期だからこそLOVEというものを大切にして、それは小さな力かもしれませんが、それが救いになることもあるかと思いますし、思いやりの気持ちを持って過ごしてほしいなと思うので、そういった思いも込めて、このひと言を皆さまに送りたいなと思ってLOVEという字を書きました」と説明。今LOVEを感じ合う存在を追求されると「えっと…ファミリーです」と答えた。

さらに、この日も同ブランドのリップを使用したそうで「濃いピンクを内側につけて、蛍光っぽいピンクを外側につけて、グラデーションっぽい感じでやっています」と説明し、「蛍光のものって顔を明るくするので、外側に置くことで顔がパッと明るくなります」と紹介した。

◆ローラからメッセージも

また、同イベントに参加予定だったが、世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスの影響で来日することができなかったローラ(2020年3月より同ブランドのジャパン・アンバサダーに就任)から「Mattくんお久しぶり。元気?今回は会場に行くことができずにごめんね。Mattくんにお会いしたかったし、Mattくんがどんなメイクで、どんな衣装で来ているのか見たかったな。次のイベントでお会いできることを楽しみにしてるね。ふふふっ」というビデオメッセージが到着。

Mattは「かわいいー!」と目尻を下げ、「嬉しいですね。ローラちゃんには僕も会いたくて、前回、違うイベントでお会いしたんですけど、そこからまだ会えていないので早く会いたいです。美容の話もたくさんしたいですね」とコメントした。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】