【モデルプレス=2020/03/27】3月27日にデビューを予定していたアイドル界の新星・精鋭美女グループ・#ババババンビが、モデルプレスのインタビューに応じ、アイドル活動への意気込みを語った。

◆#ババババンビ、デビュー前から注目大「精鋭揃い」

桃月なしこ、黒木ひかり、林ゆめらが所属する「ゼロイチファミリア」初のアイドルグループとなる#ババババンビは、吉沢朱音、岸みゆ、水湊みお、池田メルダ、小鳥遊るいの5人が所属。グループ名は漢字で書くと「#馬馬馬子鹿」で、“この瞬間だけは馬鹿みたいに〇〇したい”という意味が込められている。

新人のみで構成されるものの、それぞれ水着での雑誌出演など多方面に活躍し、メンバーのSNS総フォロワー数は約30万人を誇る#ババババンビ。SNS上では「お披露目が待ち遠しい」「美女5人に眼福」「精鋭揃い」など反響が大きく、デビュー前からすでに注目を集めている。

3月27日に予定していたお披露目ライブ「ババババンビのババババースデー〜ずっこけ0周年記念〜」のチケットは、本番2週間を前にして完売。残念ながら新型コロナウイルスの影響を受けイベントは中止となってしまったが、今回はデビューへの思いや、“逸材”と名高い美女たちの素顔に迫った。 またインタビューの後日、ライブ中止発表を受け、現在の心境を寄せた。

◆#ババババンビは「一匹狼の集まり」

― まずは「#ババババンビ」がどんなグループか教えてください。

吉沢:“馬鹿騒ぎ”グループで、ステージに立っている時はみんなで馬鹿になって楽しもうというコンセプトです。1人ひとりで活動していた子が集まっているので、上昇志向があって個性が強いです。例えば普通だとグループは同じお店に行くと思うんですけど、食べたいものが違うと分かれてお店に入ります。一匹狼の集まりみたいな感じです(笑)。

水湊:仲は良いですけど個性が強いんです(笑)。

岸:でも楽じゃない?一緒にいて苦じゃないです。

小鳥遊:無理に合わせるよりかは、みんなそれぞれ好きにしています。

― 自由な雰囲気ですね。ではその個性派メンバーについて性格や人柄を聞かせてください。

<岸みゆ(きし・みゆ)/19>
生年月日:2001年2月13日/担当カラー:赤/出身地:埼玉県

岸みゆってこんな人!by 池田メルダ

池田:きしみゆは優しくていい人で、レッスン終わりの帰り道とか甘えてくるのがすごく可愛いです。あとメルダってなかなか呼んでくれなくて、『サラダ』『メダカ』『メッチャカン』など名前を間違えられて、ファンの人も真似して呼びはじめちゃってます(苦笑)。

<水湊みお(みなと・みお)/22>
生年月日:1997年6月10日/担当カラー:青/出身地:福岡県

水湊みおってこんな人!by 岸みゆ

岸:みおちはとにかく真面目です。メンバーの中でもお姉さんでしっかりしてるし、グループをまとめてくれる存在です。取材の時も率先して発言してくれてMCも上手です。

<小鳥遊るい(たかなし・るい)/22>
生年月日:1997年10月24日/担当カラー:白/出身地:三重県

小鳥遊るいってこんな人!by 水湊みお

水湊:とりあえず顔が良くて、しっかりしてるけどどこか抜けてます(笑)。私と似てる感じがして真面目ですけど系統が違います。あとアイドルオタクなので、このアイドルはこういうコンセプトでやってるとか、対バン相手の情報が多くて戦略を練ってくれて、#ババババンビの“頭脳”と言われています。

<吉沢朱音(よしざわ・あかね)/22>
生年月日:1997年7月2日/担当カラー:黄色/出身地:福岡県

吉沢朱音ってこんな人!by 小鳥遊るい

小鳥遊:最初に会った時からミステリアスで掴みどころがなくて、実はバンビの楽曲の作詞しているんですけど、そんなことできるって聞いてなかったんです。「それもできるの!?」みたいな意外な面をいっぱい持ってます。

<池田メルダ(いけだ・めるだ)/20>
生年月日:2000年2月6日/担当カラー:緑/出身地:埼玉県

池田メルダってこんな人!by 吉沢朱音

吉沢:サラダ…間違えました。メルダはおしゃべりで、人とすぐ仲良くなれます。1人だけ一匹狼感があまりなくて、誰かが落ち込んでいる時にその子のサポートに回れるんです。私たちはできないけど(笑)、メルダは人の心に寄り添ってくれる頼りになる人です。

◆#ババババンビ、デビュー中止の心境明かす

― アイドル活動初挑戦の方が多いとお聞きしていますが、歌やダンスをやってみていかがですか?

小鳥遊:歌、ダンスともに未経験の子が多いので最初の振り入れが難航しました。私は圧倒的にダンスで苦労しました。

水湊:私もアイドルダンスは全くやったことがなくて、歌よりダンスに苦戦しています。

― デビューへ向け期待や不安が大きいかと思いますが、今後グループとしての目標は?

池田:3月27日に予定していたデビューライブが中止になって目標を失いかけたんですが、しっかりとデビューしたいので今回デビューするだった場所Veats SHIBUYAで、半年後にライブをできたらいいなと思います!

水湊:いや、3ヶ月後!

池田:やっぱり3ヶ月後で!強気でいきます!(笑)

◆#ババババンビ、お披露目ライブ中止に「涙が止まらなくなりました」

― 残念ながらデビューライブは中止となってしまいましたが、率直な心境を聞かせてください。

吉沢:デビュー前から雑誌に取り上げてもらい、沢山の人に注目してもらって、常にプレッシャーを感じて毎日レッスンをしていました。だからこそデビューの中止を聞いた時、悔しくて泣きました。でも4月も対バンライブは決まっているし、#ババババンビを見たいと思って来てくれた方々を魅了できるように変わらず頑張ろうって気持ちです!!

岸:誰も悪くないからこそ悲しくて悔しかったです。この日のために予定を空けてくださった方、関わってくださった方のことを考えたら涙が止まらなくなりました。でもいつも応援してくださる方からの励ましの言葉を見て、気持ちの整理をして立ち直れました!本当にありがとうございます。この悔しい気持ちを糧にして#ババババンビは絶対に成長するので皆さん見逃さないでください!

水湊:まず率直に悲しかったし悔しかったです。それにこの日のために、予定を空けてくれていたみんなのことを考えるととても申し訳なく思いました。ですが、これで#ババババンビが終わるわけではないので逆境を乗り越えてより良い#ババババンビを皆様にお見せできるように毎日レッスンを頑張りたいと思います!これからも応援よろしくお願いいたします。

池田:このデビューが#ババババンビのスタート地点だと思っていたので正直デビューライブができないのは悔しかったです。この日のために私たち以外にもみんなも楽しみにしてくれていたということを考えたら本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。でも#ババババンビはまだまだこれから突っ走って行くし、たくさん会える機会も増やしていこうと思うのでこれからも応援してくれたら嬉しいです!よろしくお願いします。会えるの楽しみにしてます!

小鳥遊:考えるより先に涙が出ました。皆さんにお会いできるのを本当に楽しみにしていたので悔しい気持ちや、関わって下さった方、楽しみにしてくれていた方へ申し訳ない気持ちが強かったです。この件で興味を無くされてしまうのではないかという不安もありました。ですが今は気持ちを切り替え、日々レッスンを続けています。お会いする時までにもっと魅力のあるアイドルになっていると思うので、今回タイミングが合わなくなってしまった方もぜひまたライブに来ていただけると嬉しいです!

◆#ババババンビ、7キロ減のこだわりダイエット語る

― アイドル活動の一方で、皆さんはすでに水着のお仕事でも活躍されています。スタイル維持法や美容のこだわりを教えてください。

水湊:事務所に入った時に太っていたので、週1のパーソナルジムに通って、食事をガラッと変えました。朝は絶対プロテインを飲んで、ジムに行けない日は家で筋トレしてまたプロテインを飲むようにしました。撮影の3〜4日前からは、食物繊維が豊富でお腹の持ちがすごくいいサツマイモしか食べない生活をしていました。

― どのような効果がありましたか?

水湊:半年で6〜7キロ痩せました。食事での変化が一番大きくて、さらに筋トレをしてるから代謝がよくなった感じがしました。

― すごい!おすすめの美容法も教えてください。

水湊:田中みな実さんに憧れて、水を1日2リットル飲むようにしています。肌に良い感じがします。

― では吉沢さんのこだわりの美容法は?

吉沢:普段から運動してるのでそこまで気をつけてダイエットしたことはないです。趣味が1年くらいやっているサバゲーで、友だちと行ってまったく知らない人たちともチームを組むんですが、1日中動くのでかなりきついです。あとはテニスをやることもあります。

水湊:みんなインドアだけど(吉沢は)1人だけアクティブだから痩せてるんです。

◆#ババババンビ、川崎あやらからメッセージ

― 話は変わりますが、同じ事務所に所属して先日引退された川崎あやさんと何かグループについてお話されましたか?

水湊:この前、あやさんが後輩全員にお手紙を書いてくださって、そこには「バンビ頑張ってね」と書いてくれていました。お披露目ライブも「行くよ、楽しみにしてる」と言ってくださいました。

岸:私は楽曲のソロパートについて「初めて聴いた時に響いたから頑張って」って書いて頂けました。「普段の感じと違ってびっくりした」とも言ってくれました。

― 励みになるメッセージですね。ほかの先輩方の反応はいかがですか?

水湊:この前なしこさんとご飯に行った時に「すごく応援してる」と言ってくださいました。(黒木)ひかりさんと(林)ゆめさんは、バンビのグッズTシャツを着て写真を撮ってくれて、「加入します」って冗談でツイートしてくれていました(笑)。

岸:なしこさんは曲を聴いて褒めてくれたし、みんなも応援してくださってます。十味さんはダンスがお上手だから相談したら「こうやったら可愛いよ」って一緒に踊って教えてくださってとても可愛かったです。Twitterで「欠員が出たら私がやります」ということも言ってくれていました(笑)。

― 皆さんからの期待も大きいようですね。協力的な先輩方の姿を見て学ぶ部分もあるかと思います。

水湊:絶対に疲れてるだろうにそれを見せないなど、あやさんの仕事の姿勢は自分も真似しなきゃいけないと思います。SNSでは後輩のアピールも率先してやってくれて、そういうことは私たちにもできることだと思うので、みんなで受け継いでいけたらいいなと思います。

◆#ババババンビの夢を叶える秘訣

― 最後にアイドルになるという夢を叶え、今後さらなる高みを目指すうえで皆さんが大切だと思う夢を叶える秘訣を教えてください。

水湊:何でも口に出すことです。昔は恥ずかしがってアイドルになりたいだなんて誰にも言ったんです。でも言ったら後戻りできないし、口に出すと応援してくれる人も増えるから発信していくようにしています。

池田:私生活を正すことです。綺麗でいるとか、美の意識を高めていけば気にかけてくれる人も増えてくれると思います。あとはSNSの更新頻度を上げて、もっと注目される人になっていきたいです。

岸:背が低いことがコンプレックスでしたが、そこを武器に変えたらいいとマネージャーさんに言ってもらえたことで、最近ではプラスにできると感じてきました。弱みを弱みと思い込まないことが大切だと思います。

小鳥遊:すごくネガティブだったんですけど、使う言葉を「あれは嫌いだ」ではなくて「あれは苦手だ」というふうに自分の中で言い換えるようにしていたら、最近はポジティブになってきました。批判されてもそういう考え方もあると受け入れられるようになります。

吉沢:常に行動をすることを心がけています。成長していくのに何か変えたいと思ったら自分から動かないと変わらないし、小さいことでいいから良くしていける行動を取って、それが結果的に成功につながればいいなと思います。ちゃんと周りを見つつ、自分を信じて行動を起こしていくことが大事だなと思います。

― ありがとうございました。

(modelpress編集部)

■#ババババンビプロフィール

桃月なしこ、十味、青山ひかる、アンジェラ芽衣ら人気タレントが所属するゼロイチファミリアが初めて立ち上げたアイドルグループ。メンバーの吉沢朱音、岸みゆ、水湊みお、小鳥遊るい、池田メルダは水着での雑誌出演など個人としても活動している。

ほとんどのメンバーがアイドル未経験という新人中心の構成ではあるものの、お披露目ライブ「ババババンビのババババースデー〜ずっこけ0周年記念〜」はチケット600枚が完売。異例の事態に注目を集めたが、新型コロナウイルスの影響でライブは中止となった。

【Not Sponsored 記事】