【モデルプレス=2020/05/01】Snow Manの渡辺翔太とラウールが、30日放送のグループでレギュラーを務めるラジオ番組「Snow Manの素のまんま」(文化放送/毎週木曜21:00〜21:30)に出演。髪型で失敗したエピソードを語った。

◆ラウール、ジャニーズJr.時代の髪型を振り返る

リスナーから髪型で失敗したことを聞かれると渡辺は「めちゃめちゃあるよ。パーマをかけて博士みたいになったりとかしたことあるし、もうすごいよ」と回顧。ラウールは、失敗だと思ったことはないと前置きをしつつ「Jr.に入ったころは、すごいロングヘアで、髪の毛を1個に縛ってたわけよ。横は刈り上げて、後ろも。すごい本当、いかついヒップホッパーみたいな髪型にしてた」とジャニーズJr.に入った当初のことを思い返した。

続けて「ジャニーさんとか振付師の人とかが、それはちょっとJr.に相応しくない、明日それを切ってくるか、この事務所を辞めるかどっちかにしろって言われたの、俺(笑)」と告白。その後は切ったと語り「ジャニーズとしては、よくなかったのかなと思った。でも全然失敗だなとは思わなかったけど」と当時の心境を明かした。

◆渡辺翔太&ラウール、深澤辰哉の髪型に言及

さらに渡辺は「うちの深澤さん、パーマかけて大仏みたいになったときありましたよね」と振り返り「会った日、俺拝んじゃったもんね」とメンバーの深澤辰哉の髪型にも言及。ラウールは「あの髪質はすごいもんね。今ふっか(深澤)さん若干やばいよね(笑)触ったとき、これ藁なのかな?って思ったら、髪だった(笑)」と話し、2人は声を上げて笑っていた。(modelpress編集部)

情報:文化放送

【Not Sponsored 記事】