【モデルプレス=2020/05/02】グローバルボーイズグループ・JO1(ジェイオーワン)が、4月30日放送の『文化放送ライオンズナイタースペシャル 音楽で日本をアゲる!JO1 無限大Radio』でパーソナリティーを担当。スタジオ出演した白岩瑠姫のリクエスト曲に注目が集まった。

◆JO1、初の冠番組に挑戦

新型コロナウイルス感染拡大を受けたプロ野球公式戦の開幕延期に伴い、本来『文化放送ライオンズナイター』を放送予定だったゾーンに行われた同特番。日替わりで様々な注目のアーティストがパーソナリティを務めており、JO1にとっては初の冠ラジオとなった。

この日は與那城奨、白岩、河野純喜の3人がスタジオに登場し、ほかのメンバーもコメントで出演。

メンバー1人1人からの「元気が出る曲」リクエストで「JO1版・元気の出るプレイリスト」をリスナーに届けるコーナーでは、最後の11番目を白岩が担当した。

◆白岩瑠姫の選曲話題に

白岩は「僕の母があと3時間で誕生日を迎えるんです。そして今僕達を一番支えてくれているJAM(JO1のファンネーム)の皆さんに会える機会がない中で、こうやって幸せな時間を過ごさせてもらった。だから、最後は皆で幸せに元気になりたいなという思いで選んだ」と曲について力説。

さらに「僕の思いが全て詰まっていますし、歌詞にも僕らの大切なJAMの名前が入っている曲で、大切な曲です」と告白し、“こどもちゃれんじ”でおなじみ、しまじろうが歌う『ハッピー・ジャムジャム』を流した。

曲が終ると「白岩瑠姫のオススメ曲、しまじろうで『ハッピー・ジャムジャム』でした」と“イケメンボイス”を届けた白岩に、與那城、河野は「オイ!」とすかさずツッコミ。

しかしスタジオではかなり盛り上がっていたようで、河野は「めっちゃ良かった。名曲やわ」と絶賛。ファンからも「笑いすぎて腹筋シックスパックになる(笑)」「センスが無限大すぎ」「しまじろうしか勝たん」「予想の斜め上を行った」「伝説残したわ…」など、反響が寄せられた。(modelpress編集部)

情報:文化放送

【Not Sponsored 記事】