【モデルプレス=2020/05/04】タレントの指原莉乃が3日、自身の「note」を更新。だらしなく過ごす日々に喝を入れるため、「石原さとみさんだと思いながら生活しています」と明かし反響を集めている。

◆指原莉乃「石原さとみ化計画」でだらけた生活に喝?

この日の投稿タイトルは、ずばり「石原さとみ化計画」。だらしない毎日に喝を入れたいとき、自分のことを石原さとみだと思いながら生活するのだという。

「誰に報告するわけでもなく、石原さとみさん風にメイクするわけでもなく。『いや、石原さとみこんなことしないわ!』と言いたくなる生活を回避すべく、そう思い込んで生きるのです」と諭した指原。

◆あくまでも「やってそう」がテーマ

実際に石原がやっているような美容術や生活は「私のような人間にはハードルが高過ぎて続かないと思うので」とし、あくまでも「やってそう」がテーマなのだとか。

「石原さとみさんがやってそうという理由で勝手にやってるだけなので石原さとみさんの本当の美容法が知りたい方はぜひ美容雑誌をご覧ください」と注意書きの上、実際に自身がやっている「石原さとみ化計画」の内容を紹介した。

◆「石原さとみ化計画」内容は?

例えば、「まず朝起きて白湯を飲む」など。指原は「実際には白湯って、コンロの火で沸かして湯冷まししたものみたいなんですが、それだと大変なので普通にケトルで沸かして常温の水で割ってます。『エセ白湯』なんですがインスタのストーリーには『起きて最初は白湯(笑顔の絵文字)』として載せます」と、SNSの投稿方法まで説明。

また、YouTubeでピラティスの動画を調べ10分ほど行うといいと言い、「日光を浴びながら行う朝のピラティスは脳を目覚めさせてシャッキリさせてくれます。のはずですが、日々だらけた生活しか行っていない私は朝ピラティスをすると疲れて1日ダラダラしてしまいます。11時に2度寝します。でもインスタのストーリーには『朝ピラティス、好き(安心した顔の絵文字)』と載せましょう」とアドバイスした。

そのほか、Instagramストーリーでの絵文字の使い方、サラダの食べ方などについてつづり、「石原さとみさんはきっと家も綺麗だし、使った食器はすぐ洗うし、24時までにお風呂を済ませるし、寝る前にダラダラ携帯も見ない」と空想。

「自分は石原さとみさんだ!と思う生活、本当に自分のことが好きになれます」と宣言した。

◆ファンからも反響殺到「私もやる」「共感した」

しかし最後には、「ただこれだけ言いたい。石原さとみ、こんな時間にnote更新しない」と吐露。この文章を書いていたのは深夜2時だったそうで「明日こそ、正しい石原さとみさんライフを。おやすみなさい。(悔し涙)」と結んだ。

ネット上では、この「石原さとみ化計画」に反響が殺到。「笑えるけど本当に自分を奮い立たせられそうだな〜!」「私も石原さとみ化計画します」「白湯とかピラティス中途半端なの共感しかない(笑)」「分かる。私も女優さんみたいな生活しようとして“エセ”になります」「同じことしてる(笑)」など、様々なコメントが寄せられている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】