【モデルプレス=2020/05/08】EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの岩田剛典が出演する映画『AI崩壊』ブルーレイ&DVDの販売・レンタルが、5月20日より開始。それに先駆けて、特別映像が一部公開された。


AIが人間の生活に欠かせない存在となった10年後の日本。国民の個人データを掌握したAIが人間の価値を選別し、殺戮を始めた。日本中がパニックに陥る中、警察はAI開発者の桐生を容疑者と断定し、逃亡する桐生を日本中のAI監視網で追い詰める。AIはなぜ暴走したのか―?

『22年目の告白 ―私が殺人犯です―』『ジョーカー・ゲーム』などを手掛けた入江悠の監督・完全オリジナル脚本によるサスペンス大作を、俳優・大沢たかおが約4年半ぶりに映画の主演を務め、天才科学者・桐生浩介を熱演。さらに賀来賢人、岩田、広瀬アリス、松嶋菜々子、三浦友和ら豪華実力派キャストが集結し、2030年の日本を舞台に、予測不能な展開、アクション満載のスピード感溢れる緊迫の逃亡劇を描き出す。

5月20日に発売されるプレミアム・エディションには、撮り下ろしとなる大沢・賀来・岩田・入江監督によるシーンセレクション・ビジュアルコメンタリー、メイキング映像、イベント映像集、VFXプロデューサーによるCG制作の舞台裏など、3時間を超える豪華映像特典を収録。そして特典映像「メイキング・オブ“AI崩壊”」より、エリート天才捜査官・桜庭役を演じた岩田のインタビューを公開。インタビューでは桜庭の特徴である“眼鏡”を外し、本人に戻る瞬間にも注目だ。

◆岩田剛典「こんなにもやりがいのある役柄もなかなかない」

桜庭は史上最年少の警察庁警備局理事官であり、サイバー犯罪対策課の指揮をとるエリート。“捜査AI”を駆使して、大沢演じる科学者・桐生浩介を追いつめていく。“眼鏡”と“七三分け”でカチッとしたスーツを身に着け、スマートな佇まいで現場を仕切る。

「こんなにもやりがいのある役柄もなかなかないし、大変だったけど、楽しかったですね」。撮影は約2か月強だったが、その間ずっと桜庭のことだけ考えて生活をしていたという岩田。「…ということで、桜庭から戻りたいと思います…!」と桜庭のトレードマークである眼鏡をスッと両手ではずし、いつもの笑顔を見せインタビューはスタート。

“桜庭”という人格を作るにあたり岩田は入江監督と事前に相談し、その中で「IQが高い」「キャリア」「海外で飛び級して本当のエリート」「年齢は若い」など、いくつかのワードが出てきた。その色々な情報を自分のなかに入れて撮影に臨み、「基本的に、あまり動かないことを意識していた」という。

「いい人ぶるシーンというか…(現場のたたき上げ刑事の)合田に対しての態度だったりとか、冒頭の桐生との出会いとか、一流企業に勤めるエリートに見えるといいなと思って、身振り手振りをつけて演じていました」。そういったディテールの部分では打合せはしていなかったが、段取りの時点で入江監督の「その方向でいいと思います」という一言を聞き、数カット撮影をしてみて「あ、大丈夫なんだな」とプランが固まったと振り返った。

「メイキング・オブ“AI崩壊”」では、岩田が演じた桜庭のシーンはもちろん、大沢をはじめとしたキャストの素顔も見られるインタビュー、製作の裏側がたっぷり収録されている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】