【モデルプレス=2020/05/07】乃木坂46は、5月5日〜7日にかけてグループの公式YouTubeチャンネルにて、2017年におこなわれた「真夏の全国ツアー2017 FINAL!IN TOKYO DOME」の特別配信を公開。最終日の配信に向けて、これまでの配信と最終日の見どころをまとめる。

◆【DAY1】白石麻衣&生田絵梨花がイチャイチャ

当初、東京ドームでコンサートを行う予定だった5月5〜7日に、以前の東京ドーム公演を振り返るべく行われた今回の企画。ライブ映像に加えて、開催予定だったライブが卒業コンサートになるはずだった白石麻衣と、各日別に特別ゲスト1名によるコメントも公開された。

DAY1のゲストには、生田絵梨花が登場。リモートでリモートでつながる2人は「やっぴー」「可愛い〜」と一通りイチャイチャしてから「元気そうで」「元気?」と互いに気遣い、公演の思い出を振り返った。

初日にも関わらず、配信スタート時から「乃木坂46」「おうちでドーム」「真夏の全国ツアー」が日本のTwitterトレンドに入るほど話題に。終了後は「おうちでドーム」が世界2位に入るほどの盛り上がりを見せた。

◆【DAY2】メンバーがリアルタイム実況

DAY2のゲストは高山一実。ネットニュースで白石の卒業延期を知ったという高山は「ありがとう。まだまだよろしくね」と、白石との時間が続くことに喜んでいた。

さらに、DAY2では、公式Twitterを使ってメンバーが実況。「よだとふたりでおどるところ、カウント数え間違えて、ものすごく落ち込んだの思い出してまた落ち込みました」(大園桃子)など当時を振り返るコメントや、「この時期の私、今より5キロ太ってました」(渡辺みり愛)という赤裸々な告白、さらには当時はまだ加入していなかった4期生のツイートもあり、ファンもより楽しめる“おうちでドーム”となった。

◆【DAY3】涙なしでは見られない…白石麻衣らの感動スピーチは必見

最終日の7日は、念願の紅白歌合戦でも歌唱した「君の名は希望」からスタートする。「いつかできるから今日できる」の歌唱前には、メンバーがファンへの感謝を目を潤ませながら、声を詰まらせながら言葉にしていく…。そしてWアンコールは、卒業する伊藤万理華と中元日芽香を囲んだ「きっかけ」。会場を大きな感動で包んだそれぞれのスピーチは必見だ。

同日には、公式Twitterにて配信に先駆けてメンバーの手作りおつまみを紹介。「#ドームでおつまみ」とし、それぞれの個性あふれるおつまみを披露していた。

また、ライブ前に公演の注意事項などを会場にいるファンに呼びかける“影ナレ”も、本当のライブさながらに特別配信仕様で実施。DAY1は与田祐希、DAY2は久保史緒里が担当。ライブのような注意事項の呼びかけのほか、当時の思い出や今は会えないファンの思いなども語っており、ファンの感動を誘っている。

最終日の影ナレを担当するのは…?(modelpress編集部)

◆「真夏の全国ツアー2017 FINAL! IN TOKYO DOME」特別配信スケジュール

5月5日22時〜 M1:制服のマネキン 〜 M14:ハウス!

5月6日22時〜 M15:ここにいる理由 〜 M23:インフルエンサー

5月7日22時〜 M24:君の名は希望 〜 M32:きっかけ

※全日、ライブ映像の前後に、白石麻衣と日替わりメンバー(1名)によるスペシャルコメントが入る。
※ライブ映像は生配信形式での配信

◆乃木坂46“真夏の全国ツアー2017 FINAL!”@東京ドーム<セットリスト>

OVERTURE
01. 制服のマネキン
02. 世界で一番 孤独なLover
03. 夏のFree&Easy
04. 裸足でSummer
05. 太陽ノック

MC

06. ぐるぐるカーテン
07. バレッタ
08. 3番目の風
09. 思い出ファースト
10. 他の星から
11. でこぴん
12. あらかじめ語られるロマンス
13. ダンケシェーン
14. ハウス!

MC

15. ここにいる理由
16. あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
17. 君は僕に会わない方がよかったのかな
18. 生まれたままで
19. アンダー
20. My rule
21. 命は美しい
22. 逃げ水
23. インフルエンサー
24. 君の名は希望
25. 何度目の青空か?

MC

26. いつかできるから今日できる

アンコール

27. おいでシャンプー
28. ロマンスのスタート
29. ガールズルール

MC

30. 設定温度

MC

31. 乃木坂の詩

Wアンコール

32. きっかけ

【Not Sponsored 記事】