【モデルプレス=2020/05/09】8日放送のフジテレビ系バラエティー番組「ダウンタウンなう」(毎週金曜よる9時55分)では、「本音でハシゴ酒」特別編として、アーティストのGACKTとホスト界の帝王と称されるROLAND(ローランド)の回を再放送。「本音でリモート酒」と題した副音声で、タレントの夏菜と山崎夕貴アナがトークを繰り広げた。

それぞれのトークを歓声や笑い声をあげながら見たふたり。GACKTが「女性に顔を近づけて5分間見つめたあと『かわいいね』と言ってキスをする」という女性の口説き方を周りに伝授しているという話では、ふたりとも難色を示しつつ、夏菜は「好きな人だったらいい」と想像を膨らませる場面も。

一方山崎アナは「好きな人だったらいいんですか!?」と驚き、夏菜に「もう(旦那さんのこと)好きじゃないんですか?」とつっこまれると、「違う違う…!」と大慌てで否定する事態となった。

◆夏菜、ROLANDは「完璧な部分と可愛い部分があって目が離せない」

また、ROLANDのトークでは、これまでの名言に納得したりと盛り上がったふたり。全てのことをプラスに変えていく数々の名言に、夏菜からはお笑い芸人の「ぺこぱみたい」という絶妙な称賛の言葉も。

妹をかわいがるあまり、妹の彼氏に「お前はおれよりいい男に見えない」と伝え別れさせてしまったというエピソードでは、「こういうお兄ちゃんいたらいいな」とあこがれを口にした夏菜。トークの最後では「ローランドさんてずるいんですよ。完璧な部分とかわいいなって思う部分があるから、目が離せない」とすっかりROLANDのギャップに魅了された様子を見せていた。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】