【モデルプレス=2020/05/09】プロフィギュアスケーターの浅田真央が、8日放送の日本テレビ系バラエティー番組「沸騰ワード10 春うららSP」(よる7時〜)に出演。古民家暮らしや農作業に挑戦し、その生き生きとした姿が反響を呼んだ。

◆浅田真央、夢は「自給自足生活」 古民家暮らしや農作業に挑戦

以前、同番組に出演した際に「本当に農業に興味があって、老後は自給自足の生活がしたい」と話していた浅田。この日は、番組が密着を続ける、タケノコで1億円稼いだ「タケノコ王」風岡直宏さんのもとで、浅田は夢の自給自足生活に向けて、古民家暮らしや農作業に挑戦した。

「タケノコ王」が浅田のために用意した古民家を目にし、「夢が膨らむ」と興奮気味。裏庭やその周辺を探索する中で、「食べてみな」と差し出されたお茶の新芽や山椒の葉なども躊躇なく口にしスタッフを戸惑わせたが、浅田本人は「おいしい」「甘い」と屈託のない笑顔を見せた。

さらに、「タケノコ王」が浅田用に間借りしたという畑では、有機肥料をまき、うねを作るところから畑づくり、古民家の縁側で浅田が自らとったタケノコを実食など、田舎暮らしを楽しみ、「将来に一歩近づいたかな」と感想を語った。

◆浅田真央の楽しむ姿に反響「元気もらった」

浅田が全力で楽しむ姿は、SNS上でも話題に。「元気もらった」「楽しそうなのが伝わって、こっちまで楽しい気持ちになった」「何でも笑顔で気持ちがよかった」「ずっとニコニコして何でもチャレンジする真央ちゃんに癒された」などと称賛の声が上がった。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】