【モデルプレス=2020/05/11】ABEMAにて放送の高校生による青春恋愛リアリティーショー「今日、好きになりました。-青い春編-」(毎週月曜22時〜)の最終回が4日に放送され、完結。カップル成立となった“みなみ”こと佐久間美波(さくま・みなみ/16)と、“りの“こと永江梨乃(ながえ・りの/17)が、それぞれリモートでモデルプレスのインタビューに応じ、お互いに惹かれた理由や交際の近況を語った。

◆「今日、好きになりました。-青い春編-」

「今日、好きになりました。」シリーズは、「運命の恋を見つける、恋の修学旅行」をテーマとして、2泊3日の中で巻き起こる、現役高校生たちのリアルで等身大な本気の恋模様を追いかけた、恋愛リアリティーショー。

今回の青い春編では、女子メンバーのなる(高2)、のん(高2)、りな(高2)、りの(高3)、もえか(高3)と、追加メンバーのさら(高1)、男子メンバーのいぶき(高2)、りゅうた(高2)、みなみ(高2)、しゅん(高3)の男女10人が本気の恋を探す旅に繰り出した。

No.1モテ女子だったりのは、初日からいぶき(木村伊吹)と両思いになったが、みなみが猛アプローチで後を追い、最後に逆転。みなみとりのがカップル成立となった。

◆みなみ、りのは「一目惚れ」

― カップル成立おめでとうございます!まず、お互いに惹かれた理由を教えて下さい。

みなみ:最初の教室のところから、りのちゃんのことしか見てなかったです。とにかく全部に惹かれました。一目惚れです。

― 話すようになってからも気持ちは変わらなかったですか?

みなみ:話していく内にむしろ気持ちは高まりました。

― では、最初にりのさんがいぶきさんと2ショットして、2人が良い感じになっていたときの心境は?

みなみ:やっぱり初日に2人がすぐ手を繋いでいたので、あのときはかなり焦ってました。

― その後の猛アピールがすごかったですよね。元々積極的なタイプ?

みなみ:どちらかといえば積極的かな?2人の距離が縮まっていたのでその分を巻き返さないとと思ってアピールしました。

◆りの、みなみ&いぶきでギリギリまで悩んだ理由

― りのさんは、みなみさんの第一印象はどうでしたか?

りの:うーん…笑顔が可愛い(笑)!

― どういうところに惹かれていきましたか?

りの:勢いですね。あとは話していて自分もめっちゃ素でいられたから気を遣わないところが良かったかなと思います。

― みなみさんといぶきさんはそれぞれタイプが違うと思ったんですが、悩んだ理由は?

りの:そうですよね。楽しそうだけど落ち着いている人が好きで、いぶきは最初そういうイメージがあって、第一印象から気持ちが強くてそのままの勢いで気になっていたんですけど、みなみは大人しいのかなと思ったらそうじゃなかったのでそのギャップで惹かれました。

― 最終的に決め手になった理由は?

りの:みなみとは3回も2ショットできたけど、いぶきよりは全然2ショットの数が少なかったんです。それでもそれを超えるくらいの気持ちを伝えてきてくれたからそういうところが決め手でした。

― 気持ちが固まったのはどの瞬間だったんでしょうか?

りの:最後の2ショットで、今までどっちと過ごして自分が素でいられたかを思い出して決めました。

◆りの、のんの気持ちに複雑な心境も

― 2泊3日の旅で、それぞれ一番辛かったことは?

りの:のんちゃん(粕谷音)のことです。最初は自分がみなみのことを気になるとも、誰かと気になる人が被るとも思っていなくて、のんがみなみのことを好きって分かっていたので、みなみのことであんなに泣いている姿を見ていると、「どうしよう」と思いました。

みなみ:自分も、のんちゃんが最後の2ショットのときも気持ちを伝えてくれたんですけど、そのときに答えられなかったのが申し訳ないなと思いました。

◆“みなりの”告白の瞬間を振り返る

― 告白のときの心境を教えて下さい。

みなみ:正直いぶきとの方が2ショットの回数が多かったので自信はなかったです。2:8の確率で成功しないと思っていました。

― そんな中でOKをもらってどんな気持ちでしたか?

みなみ:本当にびっくりして、夢みたいな感じでした。

― りのさんは、告白を受けたときの心境は?

りの:本当にギリギリまで悩んでいたから複雑な気持ちではあったんですけど、告白の言葉を聞いたときも「みなみだな」と思って選びました。

◆“みなりの”2泊3日での一番の思い出

― 2泊3日の中で、2人での一番の思い出は?

みなみ:2日目の夜のイルミネーションですね。やっぱりそこでりのと手も繋げたし2ショットをした中でも一番時間が長かったので思い出深いです。

りの:思い出というか一番印象深いのは、私服披露の後に男子皆の前で2ショットに誘ってくれたこと。そこで誘ってくれてなかったら、(カップル)成立していなかったと思うからです。

― 放送を見て驚いたことはありますか?

みなみ:最初にいぶきとりのがセスナデートが終わった後に感想を言っているシーンで、いぶきの次に話してみたいと名前をあげていたのが僕だったが、すごく嬉しいなと思いました。

りの:のんがみなみくんに「手をつなぎたい」と誘ったときに「気になってる人がいるから」と断ったところ。あとはいぶきとみなみが2ショットしていたのもめっちゃびっくりしました。カッコよかったです。

◆りの、“いぶりの”推しの声が多く…

― 放送が始まってから沢山の反響が寄せられていると思うんですが、どうですか?

りの:最初にいぶきと両思いになって長い時間を過ごしてきたからか、“いぶりの”推しが多くて、コメントが結構来るんですけど、その中でも「いぶきくんと成立してもみなみくんと成立してもどっちにしてもりのちゃんが幸せだったら応援します」というコメントをたまに見かけて、そういうのは本当に嬉しいなと思います。

― 確かに“いぶりの”推しが多いですよね。

みなみ:そうなんです(笑)。僕とりのを推してくれている人には感謝です。

― みなみくんはTikTokを始めたお姉さんの反応はいかがですか?

みなみ:「よく頑張った」と言ってくれました。

― TikTokから今の状況は想像していなかったのでは?

みなみ:そうですね。姉もびっくりしています。

― 私服披露のときは「大人っぽすぎる」とイジられていましたね。

みなみ:(笑)。嬉しいツッコミも頂きました。

― りのさんとしてはいかがでしたか?

りの:自分は大人っぽくてシンプルな服が好きなので、高評価でした。でもスーツみたいな感じでデートに着て来られたら「りのそんな高そうな服持ってないし何着たらいいとー?」ってなります(笑)。でもおしゃれでカッコよかったし、似合っていたから大丈夫です!

― 2人の私服の雰囲気は合っていたと思います!

◆“みなりの”カップル、交際の近況は?

― 交際が始まってからはこういった状況で会うのは難しいと思うんですが、どんなお付き合いをされていますか?

みなみ:毎日連絡はとっています。電話は毎日しないですが、LINEはほぼ毎日していますいね。

― どんな会話をされるんですか?

りの:本当にプライベートのこととか、これからの仕事のこととか話しますね。

― お互い新たに知った一面はありますか?

みなみ:全部好きなんですけど、中身がしっかりしているところとか優しいところとか。日常生活でもしっかりしているなと感じます。

りの:優しくて、めっちゃ褒めてくれます。ノリとかも合わせてくれるし、あとは家族と仲が良いところがりのの中でめっちゃ好印象なんです。

― なんて褒めてくれるんですか?

りの:写真とか送ったら「可愛い」って言ってくれます(照)。

― 今は外出ができないと思うのでコロナが収束したらなんですが、これから2人でどんなデートがしたいですか?

みなみ:りのがK-1の皇治選手のことが好きなので試合を一緒に観に行きたいと思っています。

りの:結構本当にどこでも良いです。食べ歩きとか。あとは、りのも皇治選手の試合を一緒に応援しに行きたいです。

― K-1好きなのは意外ですね!

りの:皇治くんが本当に好きなんです(笑)!

◆“みなりの”、どんなカップルになりたい?

― 今後どんな恋人同士になって、どんな関係を築いていきたいですか?

みなみ:一番は仲が良いカップル。当たり前のことですけど笑顔が絶えないカップルになりたいなと思っています。

りの:価値観が合うことを大事にしたいので、価値観が合うカップルが良いなと思います。

― では、今会えない状況だと思うのでお互いに伝えたいことをここで伝え合って欲しいです!

みなみ:早く会いたいです。

りの:りのもですね。コロナが落ち着いたら。

― では“みなりの”を応援してくれた視聴者にメッセージをお願いします。

みなみ:応援ありがとうございます。

りの:まず最後までご視聴ありがとうございました。2泊3日で色んな恋愛を見て頂いて色んな意見があるとは思うんですけど、最後まで真剣に悩んで考えた結果がこれで、自分たちらしく頑張るので引き続きよろしくお願いします。

― 今後のそれぞれの活動への意気込みを教えて下さい。

りの:自分は今色んなお仕事の声をかけて頂いているんですけど、皆のためになる仕事だったら断る理由が一つもないので、全力を尽くしてやっていきたいと思っています。

みなみ:身長に恵まれている方なので身長を活かしてモデルとかを目指して頑張っていこうかなと思っています。

― ありがとうございました。

(modelpress編集部)

◆佐久間美波(さくま・みなみ/16)

生年月日:2003年6月28日
出身地:東京都

実の姉が「美波の姉」というアカウント名で運用する姉目線のTikTokが話題に。身長185cmの抜群スタイルに爽やかな笑顔で、人気を集めている。

◆永江梨乃(ながえ・りの/17)

生年月日:2003年2月25日
出身:福岡県

「今日好き」では大人っぽいルックスに低身長、博多弁というギャップが男子メンバーの心を掴み、第一印象では男子全員が名前をあげるNo.1モテ女子となった。

【Not Sponsored 記事】