【モデルプレス=2020/06/27】女優の篠原涼子主演の日本テレビ系ドラマ「ハケンの品格」(毎週水曜22時〜)に出演する、俳優の杉野遥亮、Travis Japan/ジャニーズJr.の中村海人らによる企画の対決が決着した。

◆杉野遥亮・中村海人らの対決に決着

「ハケンの品格」PRのため、杉野&中村からなる「社員チーム」と、女優の吉谷彩子&山本舞香なる「派遣チーム」に分かれ、スタッフからの難題に挑む。

第1弾は紙芝居対決。各話の見所を5枚の紙芝居で紹介し、出演者、キャストに勝敗を決してもらうこの企画。現在#3までが公開されているが、その独創的な絵の数々にSNSではざわつきが…。

しかし大事なのは「絵のうまさ」ではなく、「物語をしっかり伝えられるか」。回を重ねるごとにチームワークも良くなり、それぞれ罰ゲームを回避するため必死に筆を振るう4人だが、ついに審判の時が訪れる。果たして罰ゲームを受けるのはどちらのチームなのか。日テレ公式YouTubeで配信中となっている。

そして、4人が見どころを伝えている「ハケンの品格」第3話は、31日よる10時より放送。

◆第3話あらすじ

新入社員の井手(杉野)は、社内で撮った動画を勝手にネットに投稿していた。社員食堂で亜紀(吉谷)に撮影してもらった動画が騒ぎに。井手の背後に映りこんでいたのはその日、経費節減で社食をクビになったアルバイトの牟田(六角精児)の怪しい姿だった。逆立ちしてふざけているように見える牟田の姿は、食品会社の社食でわざと行われた「バイトテロ」だと騒ぎになり大炎上!クレーム殺到で、スーパーではS&F社の商品が撤去される始末。

その頃S&F社では評判のいいカレーを売りにして社食を一般客にも営業しようとしていたが、バイトテロ騒ぎで当然ガラガラ。さらに売りのカレーは牟田が担当していたため、途端に不味くなっていた。

里中(小泉孝太郎)は社食のカレーが再び評判になれば、炎上を挽回できるはずと、大前春子(篠原)に以前の味の再現を業務命令する。

しかし春子はあと一歩のところで、あの味を再現できずにいた。そんな中、春子の昔を知るある人物が現れ…。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】